加藤文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加藤 文(かとう ぶん、1964年10月2日 - )は、日本の北海道北見市出身の作家写真家である。幼少期まで公務員であった父親の転勤で宮城県東京都新潟県で過ごす[脚注 1]。ペンネームの由来をエッセイにおいて、本名をもとに、獅子文六にあやかってつけたと明らかにしている。 写真家の活動は本名加藤文宏(かとう ふみひろ)のほか略称Hiro.Kを使用することもある。曽祖父は花道家元の加藤宗斎、祖父は刀剣研ぎ師の加藤鉄太郎[脚注 2]

略歴[編集]

  • 1964年10月2日、北海道北見市に生まれる。
  • 静岡県立静岡東高校卒。
  • 明治学院大学社会学部卒。
  • 大学在学中からスタジオ助手を経て写真家として活動し、オリジナルプリントのほか写真集「HUMIIDITY ──水脈上のアリア」(2013年/Ukiyo刊)を発表している。
  • 広告代理店勤務の後、コピーライター。著作活動を続ける。
  • 2006年、インタビューとポートレートを主軸に据えた雑誌の企画を立案し、同年11月、月刊誌「IJ(アイ・ジェイ)」を英知出版から創刊させる。以後、同誌に編集企画メンバー、執筆陣として参画する。
  • 2017年、6年後の東日本大震災被災地をめぐる写真とルポルタージュ「311への旅」を継続的に発表する。

代表作[編集]

  • 「厨師流浪」(2000年/日本経済新聞社刊)
  • 「やきそば三国志」(2001年/文藝春秋刊)
  • 「花開富貴」(2002年/文藝春秋刊)
  • 「電光の男」(2003年/文藝春秋刊)
日本に薬膳料理を伝えた男の数奇な半生を描くノンフィクション・ノヴェル「厨師流浪」でデビュー。
ビジネス小説のヌーヴェルバーグと評された「やきそば三国志」、
中華街の細腕繁盛記ともいえる「花開富貴」と、
デビュー以来、食と仕事をテーマにした作品が続いた。
「電光の男」は作家阿久悠氏が「逆境を好機に変える天才」と呼ぶ、
日本初の大型ネオンサインを点灯させた男の波乱万丈の物語。

脚注[編集]

  1. ^ 加藤文宏△作品「311への旅-福島県相馬市南相馬市いわき」より
  2. ^ 加藤文宏△作品/aboutより

外部リンク[編集]