加藤敏 (精神科医)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加藤 敏
(かとう さとし)
生誕 加藤 敏
(かとう さとし)
1949年生まれ
日本の旗 日本愛知県
居住 日本の旗 日本
フランスの旗 フランス
国籍 日本の旗 日本
研究分野 精神医学
精神神経科学
精神病理学
研究機関 東京医科歯科大学医学部
ストラスブール大学医学部
自治医科大学医学部
出身校 東京医科歯科大学医学部医学科
博士(医学)自治医科大学1994年
主な受賞歴 島崎・島薗・高橋・融学術賞1996年
プロジェクト:人物伝

加藤 敏(かとう さとし、1949年 - )は日本医学者精神科医。専門は精神神経科学精神病理学自治医科大学医学部教授博士(医学)[1]。2015年自治医科大学名誉教授,小山富士見台病院院長

来歴[編集]

         小山富士見台病院院長

学会[編集]

学会[編集]

著書[編集]

精神病理・精神療法の展開 二重らせんから三重らせんへ.中山書店,2015.

職場結合性うつ病.金原出版,東京,2013.

人の絆の病理と再生 ― 臨床哲学の展開.弘文堂,2010.

統合失調症の語りと傾聴―EBMからNBMへ―.金剛出版,2005.

創造性の精神分析-ルソー、ヘルダーリン、ハイデガー.新曜社,2001.isbn=9784335650901

分裂病の構造力動論-統合的治療にむけて.金剛出版,1999.

構造論的精神病理学.弘文堂,1995.

加藤 敏(監修),阿部隆明,小林聡幸,塩田勝利(編集):症例に学ぶ精神科診断・治療・対応.金原出版,2015.

(石郷岡純との編著):薬物療法を精神病理学的視点から考える.学樹書院,2015.

(編著):レジリアンス 文化・創造.金原出版,2012.isbn=9784307150668

(八木剛平との編著):レジリアンス 現代精神医学の新しいパラダイム.金原出版,2009.

(編著):新世紀の精神科治療 第7巻 語りと聴取.中山書店,2008.

(武田雅俊、神庭重信との共著):Advanced Psychiatry 脳と心の精神医学.金芳堂,2007.

(監訳):フロイト全集19.岩波書店,2010.

加藤 敏、神庭重信、中谷陽二、武田雅俊、鹿島晴雄、狩野力八郎、市川宏伸 (編集):『現代精神医学事典』,弘文堂,2011.

論文[編集]

Work-Related Depression in Japan.The Japan Mission Journal 68: 259-270, 2014.

La dépression liée au travail au Japon à l’époque de la mondialisation. Perspectives Psychiatriques, 52:340-348, 2013.

Psychopathologie du syndrome d’Asperger et 《aspérigisation》 de la société contemporaine. Neuropsychiatrie de l’enfance et de l’adolescence 59:274-278, 2011.

Clinical courses of hypochondriac-cenesthopathic symptoms in schizophrenia. Psychopathology 30 : 76-82, 1997.

Thème de la mort et de la coupure chez les schizophrènes. Evolution Psychiatrique. 58 : 727-742, 1993.

出典[編集]

  1. ^ a b 加藤敏 『レジリアンス・文化・創造』 金剛出版、2012年5月。ISBN 9784307150668
  2. ^ a b 自治医科大学精神医学教室スタッフ紹介 - 加藤敏教授”. 自治医科大学. 2013年8月22日閲覧。

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式