加藤幸治 (経済地理学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 幸治(かとう こうじ、1969年3月9日 - )は、日本経済地理学研究者[1][2]国士舘大学文学部教授。サービス産業をおもな研究対象とし、特に情報サービス業の立地について論じている[1]

経歴[編集]

神奈川県藤沢市に生まれ、横浜市戸塚区で育つ[1]横浜市立大学文理学部を卒業し、明治大学大学院に進み、博士前期課程を終え、博士後期課程に4年間在学した[1][3]。大学院在籍時には情報科学センター実験助手補も務めていた[2]

1997年、大学院を退学して広島大学文学部地理学教室助手となり、2001年国士舘大学文学部に[1][2]、講師として移った[3]

2005年、「事業所サービス業の地域構造に関する経済地理学的研究」により、明治大学より博士(地理学)を論文博士として取得した[4][5]

2007年、国士舘大学文学部准教授に昇任し、さらに2012年教授となった[3]

おもな著書[編集]

単著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 加藤幸治. “加藤幸治 <簡単な自己紹介>”. 国士舘大学文学部. 2015年1月5日閲覧。
  2. ^ a b c 加藤幸治”. 独立行政法人科学技術振興機構知識基盤情報部. 2015年1月5日閲覧。
  3. ^ a b c 国士舘大学 研究者情報データベース 加藤幸治”. 国士舘大学. 2015年1月5日閲覧。
  4. ^ 事業所サービス業の地域構造に関する経済地理学的研究 加藤幸治”. 国立国会図書館. 2015年1月5日閲覧。
  5. ^ 学位論文”. 明治大学地理学教室. 2015年1月5日閲覧。