加藤久和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 久和(かとう ひさかず、1958年 - )は、日本経済学者明治大学政治経済学部教授。

略歴[編集]

東京都出身。 1981年 慶應義塾大学経済学部経済学科卒業。1988年 筑波大学大学院経営・政策科学研究科修了。2000年 中央大学より博士(経済学)の学位を取得。

電力中央研究所主任研究員、国立社会保障・人口問題研究所室長を経て、2005年明治大学政治経済学部助教授、2006年教授[1][2]

経産省産業構造審議会基本政策部会委員、参議院事務局客室調査員等を歴任。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『人口経済学入門』(日本評論社, 2001年)
  • 『人口経済学』(日本経済新聞出版社, 2007年)
  • 『最新人口減少社会の基本と仕組みがよ~くわかる本』(秀和システム, 2007年)
  • 『世代間格差』(筑摩書房, 2011年)
  • 『gretlで計量経済分析』(日本評論社, 2012年)
  • 『社会政策を問う』(明治大学出版会, 2014年)
  • 『8000万人社会の衝撃』(祥伝社, 2016年)
  • 『高校生からの統計入門』(筑摩書房, 2016年)

共著[編集]

  • 飯塚信夫)『EViewsによる経済予測とシミュレーション入門』(日本評論社, 2006年)

共編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 加藤 久和 - 明治大学 教員データベース
  2. ^ 『人口経済学』(日本経済新聞出版社, 2007年)