加茂神社 (長野市西長野)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加茂神社
茅葺屋根の本殿(左)と保科五無斎顕彰碑
茅葺屋根の本殿(左)と保科五無斎顕彰碑
所在地 長野県長野市西長野町213
位置 北緯36度39分23.1秒
東経138度10分39.8秒
座標: 北緯36度39分23.1秒 東経138度10分39.8秒
主祭神 玉依比売命
社格 村社
創建 平安時代
本殿の様式 流造
例祭 9月16日17日
地図
加茂神社の位置(長野市内)
加茂神社
加茂神社
テンプレートを表示

加茂神社(かもじんじゃ)は、長野県長野市西長野町にある神社村社)。

善光寺七社の一。

概要[編集]

善光寺の西方、長野県庁の北方に鎮座する。周辺は市街地の山手に位置する閑静な住宅街。

創始は不詳だが、平安時代のことという。初代の善光寺大本願上人が信濃国に下向する際、信仰していた京都の賀茂御祖神社(下鴨神社)を勧請したと伝えられている[1]。現在も大本願上人は秋の例大祭に当社へ参詣している[2]

本殿は長野市内唯一の茅葺屋根[1]。旧長野師範学校に隣接する文教地区であることもあり、境内には教育者・保科百助(保科五無斎)の顕彰碑がある。

例大祭の際は境内で杜花火、隣接する信州大学教育学部グラウンドで打ち上げ花火が奉納される。

歴史[編集]

交通[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

善光寺七社
※印は善光寺三鎮守(善光寺三社)