加納嘉徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加納 嘉徳(かのう よしのり、1928年4月14日 - 1999年5月21日)は、日本囲碁棋士京都府出身、日本棋院所属、鈴木秀子五段門下、九段。日大国文科卒。本因坊戦リーグ4期など。大平修三加田克司とともに、戦後新三羽烏と呼ばれた。日本棋院副理事長、幹事を歴任。

経歴[編集]

9歳の時に上京して、鈴木秀子に入門。1943年入段。1950年青年棋士選手権戦第一部優勝。1952年五段。1958年本因坊戦リーグ入り、以後1964、69、70年にリーグ入り。1961年第5期首相杯争奪戦優勝。1964年八段。1968年九段。1969年第25期本因坊戦リーグでは、高川格藤沢秀行らを破り、5勝2敗の同率2位となる。1975年、榊原章二とともにオーストリアソ連へ囲碁指導。全国高校囲碁選手権大会の創設、発展に尽力し、1979年には高校訪中団団長を務めた。

門下に尹奇鉉王立誠

  • 大手合 第一部優勝 1955、64年、第二部優勝 1952年

著書[編集]