榊原章二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

榊原章二(さかきばら しょうじ、1926年大正15年)1月2日 - 2008年平成20年)4月28日)は、日本の囲碁棋士。愛知県豊橋市出身、村島誼紀名誉九段門下、日本棋院所属、九段。首相杯争奪高段者トーナメント優勝など。

経歴[編集]

1936年福田正義に入門、1937年村島誼紀に入門。1944年入段。1946年、青年棋士の研究機関「敲玉会」に参加、大手合後期第二部優勝、三段。1955年五段。1956年大手合第一部優勝、六段。1961年首相杯戦準優勝。1963年首相杯戦優勝。1964年第4期旧名人リーグ入り、首相杯戦準優勝。1965年第21期本因坊リーグ入り。1972年九段。1973年28期、1975年30期本因坊リーグ入り。

1975年、オーストリアソ連へ囲碁指導。1996年大倉喜七郎賞受賞。1999年4月引退。

門下に片岡聡、土井誠、大垣雄作、小山竜吾。

著書[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]