劉希夷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

劉 希夷(りゅう きい、651年永徽2年) - 679年調露元年))は中国代の詩人。は庭芝、廷芝。一説に名が庭芝で字が希夷ともいわれる。

略伝[編集]

汝州(河南省汝州市)の出身。幼くして父を失い、母と共に外祖父のもとに身を寄せ20歳頃まで過ごした。容姿はすぐれており、物事にこだわらない性格なので素行が悪かった。酒と音楽を好み、琵琶の名手であった。675年上元2年)進士となるが仕官せずに各地を遊覧した。

年年歳歳花相似 歳歳年年人不同”で有名な詩「代悲白頭翁」が代表作。この詩を発表前に聞いた母方の親戚である宋之問は、非常に気にいって詩を譲るよう頼んだが、劉希夷はこれを断った。怒った宋之問は下僕に彼を殺させたという説がある。詩集4巻がある。

代悲白頭翁
洛陽城東桃李花 洛陽城東 桃李の花
飛來飛去落誰家 飛び來たり飛び去り 誰が家にか落ちん
洛陽女児惜顏色 洛陽の女児 顏色を惜しみ
行逢落花長歎息 行き逢う落花に長歎息す
今年花落顏色改 今年 花落ち顏色を改め
明年花開復誰在 明年 花開いて復た誰か在らん
已見松柏摧爲薪 已に見る 松柏摧れて薪と為るを
更聞桑田變成海 更に聞く 桑田變じて海と成るを
古人無復洛城東 古人また洛城東に無く
今人還對落花風 今人また落花風に対す
年年歳歳花相似 年年歳歳 花は相似たり
歳歳年年人不同 歳歳年年 人は同じからず
寄言全盛紅顏子 言を寄す 全盛の紅顔子
應憐半死白頭翁 應に憐れむべし 半死の白頭翁
此翁白頭真可憐 此の翁の白頭 真に憐むべし
伊昔紅顏美少年 これ昔 紅顔の美少年
公子王孫芳樹下 公子王孫 芳樹の下
清歌妙舞落花前 清歌妙舞 落花の前
光禄池臺開錦繍 光禄池臺に錦繍を開き
將軍樓閣畫神仙 將軍樓閣に神仙を畫く
一朝臥病無相識 一朝病に臥して相識るなく
三春行樂在誰邉 三春行樂 誰が邉(ほとり)にか在る
宛轉蛾眉能幾時 宛轉たる蛾眉 能く幾時ぞ
須臾鶴髪亂如絲 須臾にして鶴髪は亂れ絲のごとし
但看古來歌舞地 ただ看る 古來歌舞の地
惟有黄昏鳥雀悲 ただ黄昏 鳥雀の悲しむ有るのみ

関連項目[編集]