劉官芳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

劉 官芳(りゅう かんほう、Liu Guanfang、? - 1864年)は、太平天国の指導者の一人。「襄王」に封ぜられた。

広西省武宣出身。広西省の天地会の首領の1人だったが、1850年金田蜂起に加わった。1855年より韋俊のもとで、武昌を3度にわたって防衛した。しかし1859年に韋俊が池州軍に投降したため、韋俊の部将の劉官芳・頼文鴻頼文光の兄)・古隆賢黄文金楊輔清の指揮のもと、韋俊を攻撃し池州を奪回した。その後、「匡王」頼文鴻・「奉王」古隆賢とともに、曽国藩湘軍の司令部を置いた祁門を包囲するなど安徽省南部で作戦にあたったり、金壇の守備に当たるなどした。1864年浙江省長興の守備に当たっていたところ、淮軍郭松林の攻撃を受けて、城は陥落し、劉官芳は戦死した。