副神経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

副神経(ふくしんけい、Accessory nerve)は12対ある脳神経の一つであり、第XI脳神経とも呼ばる。大後頭孔から頭蓋を出、同側の胸鎖乳突筋僧帽筋を支配する運動神経である。

脳神経
第I脳神経 – 嗅神経
第II脳神経 – 視神経
第III脳神経 – 動眼神経
第IV脳神経 – 滑車神経
第V脳神経 – 三叉神経
第VI脳神経 – 外転神経
第VII脳神経 – 顔面神経
第VIII脳神経 – 内耳神経
第IX脳神経 – 舌咽神経
第X脳神経 – 迷走神経
第XI脳神経 – 副神経
第XII脳神経 – 舌下神経
  

副神経核は、延髄から脊髄において分布し、脊髄から出る神経は、第三頸神経、第四頸神経と交通し、胸鎖乳突筋と僧帽筋を支配し、延髄からでる神経は、脊髄からの神経との分離後すぐに迷走神経と合流する。こちらは迷走神経と同じ働きをするとも考えられている。

副神経の機能検査[編集]

僧帽筋を押し下げてみると、がすくめられる。また、(特に力に逆らって)を回すとき、胸鎖乳突筋が際だっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]