冨澤拓海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
冨澤 拓海 Football pictogram.svg
名前
カタカナ トミザワ タクミ
ラテン文字 TOMIZAWA TAKUMI
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1996-11-25) 1996年11月25日(25歳)
出身地 千葉県千葉市[1]
身長 172cm
選手情報
在籍チーム 日本の旗 イトゥアーノFC横浜
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
ユース
日本の旗 Wings U-15
日本の旗 法政大学第二中学校・高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2016 日本の旗 大成シティFC坂戸
2016 ニュージーランドの旗 オネハンガ・スポーツ
2016 ニュージーランドの旗 スリー・キングス・ユナイテッド
2017-2018 モンゴル国の旗 ゴヨFC/ANDUUD CITY FC
2019-2020 ジブラルタルの旗 マンチェスター62FC
2020- 日本の旗 イトゥアーノFC横浜
1. 国内リーグ戦に限る。2021年1月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

冨澤 拓海(とみざわ たくみ、1996年11月25日[1] - )は、千葉県千葉市美浜区出身のサッカー選手。ポジションはゴールキーパー

来歴[編集]

小学校入学と同時にWingsSS千葉に加入。2006年第21回千葉県少年サッカー選手権4年生大会で優勝、同大会 優秀選手賞を獲得。

その後は法政大学第二高校を経て、法政大学在学中の2015年に大成シティFC坂戸に入団[2]

2016年には大学を休学し、ニュージーランドのオネハンガ・スポーツとスリーキングスユナイテッドでプレー。

2017年4月、モンゴル1部リーグのGOYO FCと契約した[3][4]。同年5月12日、第3節のUnaganuud FC戦でリーグ戦デビューを飾り、マン・オブ・ザ・マッチに選出された[5][6]

2018年、GOYO FC(同年4月にANDUUD CITY FCとチーム名が変更)と再契約を結ぶ。

また選手の傍ら、日本ではスクールや高校のコーチ、ゴールキーパーグローブブランドの「SJS Goalkeeping Japan」代表を務めている[7][8]

所属クラブ[編集]

ユース経歴[編集]

クラブ経歴[編集]

  • 2015年-2016年 日本の旗 大成シティFC坂戸
  • 2016年 ニュージーランドの旗 オネハンガ・スポーツ
  • 2016年 ニュージーランドの旗 スリー・キングス・ユナイテッド
  • 2017年-2018年 モンゴル国の旗 ゴヨFC/ANDUUD CITY FC
  • 2019年-2020年 ジブラルタルの旗 マンチェスター62FC
  • 2020年- 日本の旗 イトゥアーノFC横浜

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b プロフィール”. 冨澤 拓海 オフィシャルウェブサイト. 2017年5月18日閲覧。
  2. ^ 一貴, 大津 (2020年4月14日). “小さすぎるゴールキーパー【冨澤拓海】「サッカー人」として生きる道” (日本語). Special One. 2021年1月19日閲覧。
  3. ^ 冨澤拓海 (2017年4月16日). “GOYO FCと契約しました。〜契約に至るまで〜”. ZERO ONE BLOG. 01 JAPAN. 2017年5月18日閲覧。
  4. ^ Гоёо FC (2017年4月10日). “Welcome to Takumi Tomizawa”. Facebook. 2017年5月18日閲覧。
  5. ^ Khurkhree National League (2017年5月12日). “Unaganuud FC 0:0 GOYO Football Club”. Facebook. 2017年5月18日閲覧。
  6. ^ 【試合速報】 モンゴル1部リーグ Unaganuud戦で、今期初出場。...”. 冨澤 拓海 オフィシャルウェブサイト (2017年5月13日). 2017年5月18日閲覧。
  7. ^ 冨澤拓海” (日本語). pangeafa. 2021年1月19日閲覧。
  8. ^ HOME” (日本語). SHORTERS Equipment. 2021年1月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]