冨原芳彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

冨原 芳彰(ふはら よしあき、1921年 - 1988年1月)は、英文学者筑波大学名誉教授。 静岡県生まれ。1944年東京文理科大学英文科卒、兵役ののち、研究社入社、『英語青年』の編集にあたる。59-60年ハーヴァード大学に留学。一橋大学社会学部助教授、筑波大学教授、1979-80年日本英文学会会長。85年定年退官、大妻女子大学教授。在職中に死去。 シェイクスピアが専門、福原麟太郎に師事した。しばしば富原芳彰と表記される。

著書[編集]

  • シェイクスピア入門 研究社出版 1955 (研究社英米文学語学選書)
  • 英語ものしり読本 研究社 1956 (基礎英語シリーズ)
  • 英米の歴史と文学の話 英語を学ぶ人のために 文建書房 1956、増補版1980
  • 英文の読み方 垂水書房 1958 (英語上達シリーズ)
  • 英文を読むということ 垂水書房 1961 (英米文学語学選書)
  • シェイクスピア試論 とくに悲劇について 研究社出版 1962
  • 続 シェイクスピア試論 とくに悲劇について 研究社出版 1968
  • シェイクスピアを考える 大修館書店 1973
  • シェイクスピア 四大悲劇 英潮社出版 1977 (講座・イギリス文学作品論)
  • シェイクスピア入門 研究社出版 1977
  • 基本英語百科辞典 研究社辞書部 1964。編著
  • 文学の受容 現代批評の戦略 研究社出版 1985。編著
  • 講座 英米文学史5 劇Ⅰ 大修館書店 1987.3。笹山隆共著

翻訳[編集]

記念論集[編集]

  • 文学の受容 現代批評の戦略 研究社出版 1985.5

参考[編集]

  • 故冨原芳彰先生略歴 (冨原芳彰先生追悼号) 大妻女子大学英文学会「Otsuma review」1988-6