内藤千百里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ないとう ちもり[1]
内藤 千百里[1][2]
生誕 1923年6月10日
死没 (2018-01-27) 2018年1月27日(94歳没)[1]
死因 心不全[1]
出身校 京都帝国大学経済学部[3][4]
雇用者 関西配電→関西電力[3][4]

内藤 千百里(ないとう ちもり、1923年6月10日 - 2018年1月27日)は、日本経営者。元関西電力(関電)代表取締役副社長[5][6]

概要[編集]

大阪府出身[6]1947年京都帝国大学経済学部卒業と同時に関電前身の関西配電に入社。1962年芦原義重社長の秘書になり、政財界とのパイプ役を約30年間務めた[7]1970年に芦原は会長に退き、さらに相談役名誉会長に退いたが、その後も女婿・腹心の内藤(のち副社長)を用いて社内に強い影響力を持った。ところが、1986年に『朝日ジャーナル』誌で連載されていた「企業探検」で関電が取り上げられ、その一種恐怖支配とも取れるワンマンぶりが公となった(なお、この記事を執筆したのは当時龍谷大学教授だった奥村宏であった)。これで社内外に批判が噴出、翌1987年2月の関電取締会で芦原と内藤の解任動議が出され、小林庄一郎会長のイニチアシブの下、両者の解任が可決された晩年は大阪府羽曳野市羽曳が丘西に居住した。朝日新聞の取材に応じ、2013年12月から2014年7月にかけて延べ69時間にわたって証言[3]。少なくとも1972年から18年間、歴代現職内閣総理大臣7人(田中角栄三木武夫福田赳夫大平正芳鈴木善幸中曽根康弘竹下登)や自由民主党有力者らに「盆暮れのあいさつ」として年2回200万円-1000万円ずつ政治献金する慣行があった、政界全体に配付した資金は年間数億円に上った、電力各社は1974年企業献金廃止宣言をしたものの水面下で献金を続けた、原子力発電(原発)依存度の高い関電にとって円滑に原発導入を進める上で政界工作が重要だった、原資はすべて電気料金で、「一に電力の安泰、二に国家の繁栄」のために「漢方薬のように時間をかけて効果が出ることを期待していた」、などと語った[8]2018年、94歳で心不全で死去した[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 元関西電力副社長・内藤千百里さん死去 94歳”. 朝日新聞. 朝日新聞社. 2019年10月3日閲覧。
  2. ^ 「関西最後のフィクサー」 内藤千百里・関西電力元副社長が死去”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社. 2019年10月3日閲覧。
  3. ^ a b c 関電、歴代首相7人に年2千万円献金 元副社長が証言”. 朝日新聞. 朝日新聞社 (2014年7月28日). 2019年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月3日閲覧。同紙2014年7月28日付朝刊1面。
  4. ^ a b 内藤千百里さん死去 「関電2・26事件」で失脚”. 毎日新聞. 毎日新聞社. 2019年10月3日閲覧。
  5. ^ a b 元関西電力副社長・内藤千百里さん死去 94歳:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年10月8日閲覧。
  6. ^ a b 1923年に生まれた経済関係者/誕生日データベース” (日本語). straw-wara.net. 2019年10月8日閲覧。
  7. ^ 「関西最後のフィクサー」 内藤千百里・関西電力元副社長が死去” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年10月8日閲覧。
  8. ^ “腐蝕企業”関西電力…公益企業を私物化した歴代経営陣の「飽くなき人事抗争」 (2019年10月5日)” (日本語). エキサイトニュース. 2019年10月8日閲覧。

外部リンク[編集]