六塩化エタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
六塩化エタン
ヘキサクロロエタンHexachloroethane-3D-balls.png
一般情報
IUPAC名 Hexachloroethane
別名 ヘキサクロロエタン
分子式 C2Cl6
分子量 236.74 g/mol
組成式 C2Cl6
形状 白色結晶
CAS登録番号 67-72-1
SMILES Cl3CCCl3
性質
密度 2.1 g/cm3, 個体
水への溶解度 0.05g/100ml
沸点 187 °C(昇華する)
出典 国際化学物質安全性カード

六塩化エタン(Hexachloroethane)はエタンの水素が全て塩素に置き換わった化合物で、 工業的にはアルミニウム製造工場で使用されており、軍用としては発煙弾の材料として使用されている。

性質[編集]

常温では固体(白色結晶)で、樟脳様臭をもつ。 加熱により容易に昇華し、沸点は187℃。 不燃性で、水にはほとんど溶けないが、エタノールやエーテルに可溶である。 亜鉛、アルミニウム粉末およびナトリウムと激しく反応するので注意が必要。

関連項目[編集]