公募推薦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

公募推薦(こうぼすいせん)とは推薦入学の方法の一つであり、大学短大専門学校等が一定の条件の下、全国の高等学校を対象に面接小論文学力試験などを課して合否を判定する入学試験の制度の一つ。原則として現役生が対象ではあるが、浪人生も受験が可能な学校もある。毎年11月から12月の中頃ぐらいの時期に行われている。

また、編入学試験においても多くの国立大学の理系学部(工学部理学部など)が短大生、高専生を対象に公募推薦入試を行っている。

概要[編集]

多くの場合、高校の学校長など、肉親以外の第三者からの推薦によって行われる。指定校推薦との大きな違いは出願できる高校が指定されておらず、全国から広く受験者を募っている点である。入試の合否には学力以上に個人の資質が影響する場合が多い。

関連項目[編集]