八杉佳穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

八杉 佳穂(やすぎ よしほ・男性、1950年 - )は、日本言語学者国立民族学博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授。専攻は中米言語学、中米文化史。主にマヤ文字やマヤ諸語を中心に行っている。

来歴・人物[編集]

広島県出身。広島県立福山誠之館高等学校を経て[1]1972年京都大学工学部を卒業し、1975年同大学文学部卒業[2]1980年に国立民族学博物館助手、1990年に同助教授、1997年に同民族文化研究部教授となる。2015年3月末をもって、定年退職。

1993年総合研究大学院大学にて博士(文学)。論文の題は「An Areal-Typological Study of Middle American Indian Languages 」[3]

主な著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • チョコレートの博物誌(加藤由基雄との共著・小学館

編著[編集]

  • マヤ学を学ぶ人のために(世界思想社)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 誠之館同窓会会報(第4号)「恐懼戒慎」八杉佳穂
  2. ^ 誠之館人物誌「八杉佳穂」」国立民族学博物館教授、文学博士
  3. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク[編集]