光明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

光明(こうみょう)とは、明るいのこと。

仏教用語としての光明[編集]

光明(くゎうみゃう)とは、が発する光で、大乗仏典では智慧慈悲の象徴として、瞑想中の全身から光明を放つ場面が描かれる。転じて「光明を得た」といえば比喩的に覚ったことを表すこともある。『倶舎論』によると自ら光を発するもの(太陽など)を光といい、その光を反射するもの(月など)を明という。

山号[編集]

光明山[編集]

光明山は阿弥陀如来を本尊とする寺院の山号とされることが多い。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]