先川原正浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

先川原 正浩(さきがわら まさひろ、1963年(昭和38年)5月[1] - )は日本の編集者、サイエンスライター、大学関係者。オーム社の『ロボコンマガジン』で編集長千葉工業大学未来ロボット技術研究センターの室長を歴任し[2]二足歩行ロボットによる格闘競技大会「ROBO-ONE」創立にも委員会副代表として尽力した[2][3]

先川原は多くのロボット競技会にて委員・審査員を務めるとともに、国立科学博物館の「大ロボット博」などロボット関連企画を多数手掛けた[1][4]。また、日刊工業新聞社のrobonableの連載記事など新聞、雑誌でも活躍し、TBSのTV番組『ネプ理科』にも出演した[5][4]東京医科歯科大学でも非常勤講師を務めている[1][6]

略歴[編集]

著作[編集]

監修[編集]

  • 養老孟司 総監修、先川原正浩、伊藤育雄、山口正、植松峰幸、藤井圀彦 監修『週刊かがくるアドベンチャー 謎と不思議の体験百科9 ―ロボット・語源・川わたりのパズル・白村江の戦い―』朝日新聞出版〈朝日ジュニアシリーズ〉、2008年。

記事[編集]

  • 先川原正浩「ロボコンから生まれるビジネス」、『日本ロボット学会誌』第27巻第9号、2009年11月、 987-988頁。
  • 西村輝一、先川原正浩「二足歩行ロボット格闘技ROBO-ONEのチャレンジ : 投げたロボットは立てるのか?」、『計算工学』第13巻第3号、2008年7月、 1878-1881頁、 NAID 10024595471
  • 坪内孝司、先川原 正浩「ロボットたちよフィールドに出よ」、『計測と制御』第49巻第9号、2010年9月、 571頁、 NAID 10026688127

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 大学院工学研究科金属工学専攻と考えられるが、出典に従って記載している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e H27年4月度科学技術者フォーラムセミナー案内「ロボットと共生する社会」”(2015年3月26日). 2016年10月10日閲覧。
  2. ^ a b 先川原 2011.
  3. ^ 森山和道「ロボット工学を取り巻くメディア・コミュニケーションの動向」、『日本ロボット学会誌』第29巻第2号、2011年、124-129頁。
  4. ^ a b 先川原正浩 さきがわら・まさひろ”. deep science. 日本科学未来館. 2016年10月10日閲覧。
  5. ^ a b 先川原室長のロボヤマ話”. robonable. 日刊工業新聞社. 2016年10月10日閲覧。
  6. ^ a b fuRo室長 先川原 正浩”. メンバー紹介. 千葉工業大学未来ロボット技術研究センター. 2016年10月10日閲覧。
  7. ^ a b 先川原 2009, p. 988.
  8. ^ a b 先川原 2009, pp. 987-988.

外部リンク[編集]