先天性風疹症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
先天性風疹症候群
Cataracts due to Congenital Rubella Syndrome (CRS) PHIL 4284 lores.jpg
先天性風疹症候群に罹患した患者。白内障により目が白く濁っている。
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
小児科学
ICD-10 P35.0
ICD-9-CM 771.0
OMIM 188030
DiseasesDB 11729
MedlinePlus 001658
eMedicine emerg/388
MeSH D012410

先天性風疹症候群(せんてんせいふうしんしょうこうぐん、Congenital rubella syndrome、CRS)は、妊娠中の女性が風疹に罹患した時に胎内にいる胎児に感染する疾患の一群を指す。

概要[編集]

主に妊娠3ヶ月頃までの妊娠初期の女性の罹患が多い。症状は心疾患、難聴、白内障、血小板の減少などがあり、中でも心疾患、難聴および白内障の3つが三大症状と見なされている。

また、妊娠中は麻疹・風疹混合ワクチンの予防接種は先天性風疹症候群への感染を避けるために禁忌となっており、ワクチン接種後は最低でも2ヶ月間は避妊することが望ましい。

関連項目[編集]