借金玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
借金玉
ペンネーム 借金玉
誕生 1985年????
日本の旗 日本 北海道
職業 ライター
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学文学部
活動期間 2017年 -
デビュー作 『発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術』(2018年)
親族 宇野朴人(弟)
公式サイト 発達障害就労日誌
テンプレートを表示

借金玉1985年昭和60年) - )は、日本のライター。本名非公開。男性。北海道出身。弟はライトノベル作家の宇野朴人[1]

略歴[編集]

  • 幼少期から社会適応が難しく感じていた。小学校~高校まで登校拒否落第寸前などを繰り返しつつ、高校は出席日数ギリギリで卒業[2]。物書きになりたくて[3]早稲田大学文学部に進学。在学中に発達障害ADHD)と診断される[4]
  • 大学卒業後、大手金融機関に就職するも、細かい作業が苦手で集中力が続かず、居眠りをする、重要書類を紛失する、約束を忘れる等の重大なミスを連発したため、三ヶ月後には、無能という評価をされて周囲から孤立し、人間関係に悩んだ結果、雇用される立場での勤務が不可能と考えて2年足らずで退職。経営者になることを決心し、支援者から3000万円、銀行から4000万円を借金し、アーティスティックな高級レストランバーを目指して、都内に飲食店を開業。自身は社長兼コックとして働いた。当初は成功し、三店舗目まで拡大。同時に、新たに貿易業にも着手する。しかし、飲食店経営、貿易業の両方で事業は不調となってゆき、起業から4年後には資金が枯渇し完全に事業破綻となった。また鬱病を発症し一時は寝たきりにちかい状況となった。当時は自殺を考え、生命保険の死亡保障の5000万円で一部を返済しようと計画していたが、開業時の支援者の助力があり、飲食事業の売却と、支援者からさらに追加の借金をすることで、銀行の借金4000万円のほうは返済ができた。[5]
  • 現在は非正規雇用の営業、文筆業として働いている。
  • 事業破綻の際に2000万円の借金が残り、そのため「借金玉」と名乗るようになる。また、その2000万円を引き受けてくれた出資者を「債権玉」と呼んでいる。いずれもネット上での仮称であり、前者が行きがかり上文筆家としてのペンネームとなった。
  • 2017年1月にKADOKAWAより「書籍化を目指して、ブログを始めてみないか」という声が掛かり、同年2月にはてなブログ「発達障害就労日誌」を公開した[6]

著書[編集]

  • 『発達障害の僕が「食える人」に変わったすごい仕事術』KADOKAWA、2018年5月25日。ISBN 9784046020765 
  • 『発達障害サバイバルガイド 「あたりまえ」がやれない僕らがどうにか生きていくコツ47』ダイヤモンド社、2020年7月30日。ISBN 9784478108925 

コラム連載[編集]

  • 借金玉さんのマイクロ起業(企業の教科書)[7]
  • 就活サイト【ONE CAREER】[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 宇野朴人@最新刊発売中! on Twitter」『Twitter』。2018年6月27日閲覧。
  2. ^ 「借金玉」の記事一覧”. プレジデントオンライン. 2020年7月16日閲覧。
  3. ^ プレ公開と経緯説明、そして今後について - 発達障害就労日誌」『発達障害就労日誌』、1485339964。2018年6月27日閲覧。
  4. ^ 起業失敗で借金7000万、あわや「生命保険で返済を……」”. 日経ビジネス (2019年4月8日). 2019年12月29日閲覧。
  5. ^ 起業失敗で借金7000万、あわや「生命保険で返済を……」:日経ビジネス電子版”. archive.is (2019年4月8日). 2021年8月16日閲覧。
  6. ^ 何はともあれ生きていく 発達障害と「生存」についてつづった、借金玉さんの書籍発売インタビュー - 週刊はてなブログ」『週刊はてなブログ』、1529308800。2018年6月27日閲覧。
  7. ^ 借金玉さんのマイクロ起業 - 起業JP - ウェイバックマシン(2020年5月3日アーカイブ分)
  8. ^ 借金玉の就活記事一覧”. 就活サイト【ONE CAREER】. 2021年6月25日閲覧。

外部リンク[編集]