候補者ビル・マッケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
候補者ビル・マッケイ
The Candidate
監督 マイケル・リッチー
脚本 ジェレミー・ラーナー
製作 ウォルター・コブレンツ
製作総指揮 ロバート・レッドフォード
(クレジットなし)
出演者 ロバート・レッドフォード
音楽 ジョン・ルービンスタイン
撮影 ヴィクター・J・ケンパー
編集 ロバート・エストリン
リチャード・A・ハリス
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザーズ
日本の旗 日本ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1972年6月29日
日本の旗 1976年11月20日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

候補者ビル・マッケイ』(こうほしゃビル・マッケイ 原題:The Candidate)は、1972年制作のアメリカ合衆国の映画

アメリカ合衆国における上院議員選挙の裏側を描いた作品である。

あらすじ[編集]

対立候補の勝利を報ずるニュース番組を家族とともに見つめるニール・アトキンソン。アトキンソンは支持者の前で敗戦の弁を述べるが、選挙参謀を職業とするマーヴィン・ルーカス(ピーター・ボイル)は来たる上院議員選挙におけるカリフォルニア州選挙区の民主党候補を見つけるべく会場を早々と抜け出す。このときすでに彼には目当てとする候補者がいた。前知事のジョン・J・マッケイ(メルヴィン・ダグラス)の息子で弁護士のビル・マッケイ(ロバート・レッドフォード)であった。

ビルはルーカスの説得に傾き立候補を決断。ハワード・クライン(アレン・ガーフィールド)ほか数々の優秀な選挙参謀が付いて選挙運動を展開するが、対抗馬である共和党のベテラン議員クロッカー・ジャーモン(ドン・ポーター)の熟練した戦術に苦戦する。

当初は理想に燃えていたビルであったが、次第に清濁混ぜ合わせて呑まなければならないという政治の現実を痛感し、否応なくその歯車に巻き込まれていくのであった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ビル・マッケイ ロバート・レッドフォード 野沢那智
マーヴィン・ルーカス ピーター・ボイル 池田勝
ジョン・J・マッケイ メルヴィン・ダグラス
クロッカー・ジャーモン上院議員 ドン・ポーター 大木民夫
ハワード・クライン アレン・ガーフィールド
ナンシー・マッケイ カレン・カールソン 弥永和子
ウォーリー・ヘンダーソン モーガン・アップトン
リッチ・ジェンキン クイーン・レデカー
ポール・コーリス マイケル・ラーナー
ナタリー・ウッド
(本人役)

吹替その他、大久保正信緒方賢一嶋俊介村松康雄国坂伸石井敏郎鵜飼るみ子若本規夫西村知道広瀬正志好村俊子山崎勢津子横尾まり大滝進矢山本千鶴

製作[編集]

ユージーン・マッカーシー1968年アメリカ合衆国大統領選挙に出馬した際、そのスピーチライターを務めたジェレミー・ラーナーが脚本を執筆している。ラーナーは第45回アカデミー脚本賞を受賞した[1]

ビル・マッケイのキャラクターはジョン・V・タニー(John V. Tunney)をモデルにしていると言われている[2]。ジョン・V・タニーはボクシング・ヘビー級王者のジーン・タニーの息子で、1965年にカリフォルニア38区の下院議員に就任した。1970年のカリフォルニア州の上院議員選挙に出馬し勝利。このときの選挙にマイケル・リッチーは仕事として関わっていた[3]

ナタリー・ウッドは1970年に半ば引退していたが本人役として出演した。レッドフォードとは『雨のニューオリンズ』以来の共演となる。

備考[編集]

ハンサムで知られる共和党の政治家ダン・クエールが本作のロバート・レッドフォードに似ていると言われたことから、選挙運動でこのイメージを最大限に利用したが、後にレッドフォードから苦情を受けた(レッドフォードは民主党支持者である)。

脚注[編集]

  1. ^ The 45th Academy Awards (1973) Nominees and Winners”. oscars.org. 2011年8月28日閲覧。
  2. ^ Projecting Politics: Political Messages in American Films by Terry Christensen and Peter Hass, page 146
  3. ^ Beverly Merrill Kelley, Reelpolitik Ideologies in American Political Film, 2012, Lexington Books, p. 23.

外部リンク[編集]