保高みさ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

保高 みさ子(やすたか みさこ、1914年5月15日 - 2010年7月25日)は、日本の小説家。旧姓は佐藤、本名はミサヲ。夫は作家の保高徳蔵

東京生まれ、松山高等女学校卒。保高徳蔵の『文藝首都』に参加し、作家として活動。1950年から『小説新潮』『小説公園』などに短編を発表。『文藝首都』を描いた『花実の森』が代表作。心筋こうそくのため埼玉県内の病院で死去[1]。享年96。

著書[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 作家保高みさ子さん死去 共同通信ヘッドライン 2010年8月16日閲覧