保田義孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やすだ よしたか
保田義孝
出生地 日本の旗 日本福岡県北九州市
国籍 日本
職業 洋画家イラストレーター
ジャンル 色鉛筆油彩水彩パステル
テンプレートを表示

保田 義孝(やすだ よしたか)は、日本の洋画家・色鉛筆画家・イラストレーター

来歴[編集]

  • 1926年大正15年) - 福岡県北九州市に生まれる。
  • 1948年昭和23年) - 中学校美術教師となり、養父である保田善作(洋画家・元日展委員)に師事する。
  • 1955年(昭和30年) - 上京し、画家・イラストレーターとして制作活動を行い、その作品、制作活動の様子がメディアに取り上げられテレビ・ラジオ等に出演。
  • 1989年平成元年) - 東京から埼玉県玉川村に移住しアトリエをかまえ、「時間の堆積を刻む・その風情を描く」をテーマにした作品が話題をよぶ。
  • 1999年(平成11年) - 埼玉県から大分県佐伯市へ帰郷し、現在は佐伯市のアトリエにて制作活動を行い、東京銀座の画廊を中心に個展を催す。

画歴[編集]

  • 1973年(昭和48年) - 個展「ポッポ展」
  • 1974年(昭和49年) - 東京セントラル美術館・彩壷堂にて個展
  • 1975年(昭和50年) - 渡欧・銀座サエグサ画廊にて個展
  • 1976年(昭和51年) - OBS美術サロン(大分市)にて個展
  • 1977年(昭和52年) - 大倉画廊にて個展
  • 1978年(昭和53年) - 伊勢丹にて個展
  • 1979年(昭和54年) - 大倉画廊にて個展
  • 1980年(昭和55年) - 渡欧
  • 1981年(昭和56年) - 東京アートホール・大倉画廊にて個展
  • 1982年(昭和57年) - 伊勢甚(水戸市)にて個展
  • 1983年(昭和58年) - 伊勢丹(浦和市)にて個展
  • 1984年(昭和60年) - 東京セントラル絵画館にて個展「山手線百景展」
  • 1989年(平成元年) - 東京都から埼玉県へ移住しアトリエをかまえ、イラストレーターとしての活動を辞めて洋画家としての活動を優先する
  • 1999年(平成11年) - 埼玉県から故郷大分県佐伯市に帰郷する 自身の作品を制作するとともにNHK文化教室等で絵画指導を行う
  • 2003年(平成15年) - ギャラリー銀座にて個展 えだ画廊(大分市)にて生徒と共にグループ展
  • 2004年(平成16年) - 九電イリス(大分市)にて生徒と共にグループ展
  • 2005年(平成17年) - コトブキヤ画材4階画廊(大分市)にて個展 大分センチュリーホテル1階ギャラリーにて個展
  • 2006年(平成18年) - ギャラリー彩佐(臼杵市)にて個展 大分県佐伯市「佐伯市美術展覧会」に招待出品

画集[編集]

  • 1973年(昭和48年)『画集蒸気機関車』 偕成社 
  • 1985年(昭和60年)『山手線百景』 新人物往来社 

イラストレーターとしての主な出版[編集]

  • 『科学図鑑』(小学館)
  • 『幼児図鑑乗り物』(偕成社)
  • 『人類・家庭百科事典』(平凡社)
  • 『古代生物マンモス』(国土社)
  • 『幼児科学 絵本』(ポプラ社)

その他、図鑑・読本の挿絵ほか多数

外部リンク[編集]