佐賀省三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐賀 省三
さが しょうぞう
生年月日 1905年5月8日
出生地 鳥取県西伯郡上道村
(現境港市上道町)
出身校 早稲田大学中退
前職 農業
称号 勲六等単光旭日章
配偶者 妻・佐賀うめの

境港市議会議員
在任期間 1958年8月 -

上道村会議員
在任期間 1942年 -
テンプレートを表示

佐賀 省三(さが しょうぞう、明治38年(1905年5月8日 - 没年不明)は日本俳人政治家。元境港市議会議員。榎村。佐賀家の12代目。

俳人鹿島平堂は大おじにあたる。

経歴[編集]

鳥取県西伯郡上道村(現在の境港市上道町)の農家に生まれる。

倉吉農学校(現在の倉吉農業高校)、東京の正則英語学校(現在の正則学園高等学校)を経て、大正14年(1925年)3月東京府立駒沢園芸学校卒業。大正15年(1926年)3月早稲田大学専門部中退

帰郷して農業に従事する。上道村会議員、境港市会議員などをつとめた。

人物像[編集]

元農業会理事、村会議員、境港市農業委員等務め農業多角経営の指導、実践に努力、養鶏の大家として三十年の経験と共に県下に有名である[1]趣味俳句尺八[1]

俳句歴[編集]

  • 昭和32年(1957年) - 上道俳句会結成
  • 昭和33年(1958年) - 俳誌「城」に入門
  • 昭和39年(1964年) - 俳誌「城」同人
  • 昭和40年(1965年) - 毎日新聞俳壇へ投句
  • 昭和43年(1968年) - 国立美保少年院講師(俳句)
  • 昭和45年(1970年) - 俳誌「夏炉」に入門
  • 昭和57年(1982年) - 俳誌「夏炉」同人

[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『新日本人物大観』(鳥取県版)1958年 サ…153頁