佐藤裕子 (日本文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 裕子(さとう ゆうこ、1957年7月28日 - )は、日本文学研究者フェリス女学院大学教授。博士文学)。専門は、日本近現代文学、とくに夏目漱石

北海道苫小牧生まれ。北海道苫小牧東高等学校を経て、1983年、関西学院大学文学部日本文学科卒業、1988年、同大学院博士課程満期退学。2001年、「漱石解読 <語り>の構造」で、関西学院大学博士文学)。1992年、フェリス女学院大学講師、のちに助教授、教授[1]

著書[編集]

  • 『漱石解読 <語り>の構造』 和泉書院〈近代文学研究叢刊〉、2000年
  • 『漱石のセオリー 『文学論』解読』 おうふう、2005年
  • 『主人公はいない 文学って何だろう』 フェリス女学院大学〈Ferris books〉、2009年

共編[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年

外部リンク[編集]