佐藤清彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 清彦(さとう きよひこ、1930年2月17日 - )は、日本ノンフィクション作家宮城県生まれ。早稲田大学文学部卒。読売新聞社を経て、ノンフィクション作家。

著書[編集]

  • 『大冤罪 死刑後、犯人出づ』イクォリティ、1986.9.
  • 『やぶにらみ・法律記事 その混迷、過誤そして偏見』日本評論社、1986.1.
  • 『ねらい撃ち・法律記事 その混迷、過誤そして偏見』日本評論社、1990.2.
  • 『奇談追跡 幕末明治の破天荒な犯罪者達』大和書房、1991.1.
  • 『奇人・小川定明の生涯』1993.1. 朝日文庫
  • おなら川柳小咄都々逸から平賀源内一茶西鶴蜀山人、外骨、百鬼園まで織り込んだ奇談・哀話・滑稽譚の数々』青弓社、1994.3. のち文春文庫 
  • 『脱獄者たち 管理社会への挑戦』青弓社、1995.11. のち小学館文庫 
  • 『贋金王』青弓社、1997.6.
  • 『にっぽん心中考』青弓社、1998.11. のち文春文庫 
  • 『ああ勲章』青弓社、2000.10. 寺子屋ブックス
  • 『土壇場における人間の研究 ニューギニア闇の戦跡』芙蓉書房出版、2003.10.

参考[編集]