佐藤正一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 正一郎(さとう しょういちろう、1953年2月25日 - )は、日本政治家秋田県議会議員(2期目)。秋田県羽後町出身。秋田県立大曲農業高等学校卒業。

経歴[編集]

27歳で羽後町町議会議員選挙に立候補し、初当選。42歳で羽後町長になる。ともに県内では最年少の議員、町長として大きな話題となる。

3期にわたって町長を務め、地域活性化や財政再建に積極的に取り組んだ。秋田県知事選挙に2度立候補するがいずれも次点で落選(町長の3期目は知事選出馬のため途中辞職)。

その後、2013年に行われた、秋田県議会議員の湯沢市・雄勝郡選挙区の補欠選挙に出馬し、初当選。2015年の本選挙では無投票で再選され、現在2期目となる。

本人のブログは毎日更新されている。

その他[編集]

  • 東京高層ビル街でトラクターを走らせた「嫁来いトラクターデモ」や、西馬音内盆踊りの海外公演などにも関わるなど、イベント・お祭り好きの側面も見せる。
  • 羽後町出身の演歌歌手岩本公水のファンである。
  • 町長任期中に、秋田県内ではいち早く市町村合併には参加しないことを表明した。
  • ブログでは様々な分野の文化・芸術に関心を見せており、県内の若手音楽家芸術家とも交流を図っている。

関連[編集]

外部リンク[編集]