佐藤庄市郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 庄市郎(さとう しょういちろう、1924年2月16日 - )は、日本の弁護士最高裁判所判事

概要[編集]

戦時中に海軍に取られ、戦後に復学して1950年に弁護士になる[1]。翌1951年に外国人弁護士とともに事務所を開いた渉外弁護士の草分け[1]。石油会社、商社の顧問弁護士などをし、日弁連事務総長、第一東京弁護士会長を務めた[1]。1988年の日弁連会長選挙に立候補したが、敗れた[1]

1990年2月に最高裁判事に就任[1]

1994年2月に定年退官。TBSビデオ問題では当時の郵政省から特別調査員として招かれた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)100頁
  2. ^ 長嶺超輝「サイコーですか? 最高裁!」(光文社)318頁