佐藤文彦 (農学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 文彦(さとう ふみひこ、1953年 - )は日本の農学者。2019年現在、国立研究開発法人科学技術振興機構戦略的国際共同研究プログラム (SICORP) 研究主幹。京都大学名誉教授学位農学博士

略歴[編集]

1975年京都大学農学部農芸化学科を卒業後、1977年に同大学大学院農学研究科修士課程修了、1979年博士課程を中退して京都大学助手、1990年助教授、1995年教授、京都大学農学部の大学院重点化に伴い1997年より大学院農学研究科教授、独立研究科設立に伴い1999年より大学院生命科学研究科教授。1983年から1984年にかけて西ドイツミュンスター大学フンボルト研究員を務めた。

1981年 農学博士(京都大学)。論文の題は「Photoautotrophism in cultured plant cells(植物培養細胞の光独立栄養性)」[1]

2000年から2004年までの5年間JSPS未来開拓学術研究推進事業、『植物におけるRNA機能の不活化と遺伝子機能解析』のプロジェクトリーダーを務めた[2]

主な受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]