山田康之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 康之(やまだ やすゆき、1931年10月31日 - )は、日本農学者京都大学名誉教授。植物分子細胞生物学の研究者である。

大阪府生まれ。京都大学農学部卒業、京都大学大学院修士課程修了[1]。数十年にわたり、京都大学を研究の拠点とし活動。植物分子細胞生物学研究の権威。細胞を大量培養する実験系を確立。これらの培養細胞系を用いて、次々に新しい研究分野を開拓し、植物分子細胞生物学の基礎とその応用に大きく貢献。特にアルカロイドを高産生する培養細胞を用い、その生合成系の解析とその生合成系を遺伝子工学的に改変した分子育種学の新しい道を開く。その研究の成果はネイチャー誌にも掲載され、世界的に高い評価を得ている。

後に、奈良先端科学技術大学院大学長就任。日本人の全米科学アカデミー外国人会員でもある。

職歴[編集]

受賞歴等[編集]

主な論文[編集]

  • O. Carter, Y. Yamada & E. Takahashi (1967) Nature 214, 1029.
  • T. Nishi, Y. Yamada & E. Takahashi (1968) Nature 219, 508
  • Y. Yamada (1977) Tissue culture studies on cereals. In: Applied and Fundamental Aspects of plant Cell, Tissue and Organ *Culture (eds.) J. Reinert and Y.P.S. Bajaj. Springer-Verlag: Berlin.
  • Y.Yamamoto, R. Mizuguchi & Y. Yamada (1982) Theor. Appl. Genet.61, 113
  • Y. Yamada & T. Hashimoto (1982) Plant Cell Rep. 1, 101
  • Y. Yamada & Y. Fujita (1983) Production of Useful compounds in culture, In: Handbook of Plant Cell Culture. Vol. 1 (eds.) *D.A. Evans, W.R. Sharp, P.V. Ammirato & Y. Yamada. Macmillan: N.Y.
  • F. Sato & Y. Yamada (1984) Phytochemistry 23, 281
  • T. Hashimoto & Y. Yamada (1986) Plant Physiol. 81, 619
  • D.J. Yun, T. Hashimoto & Y. Yamada (1992) Proc. Natl. Acad. Sci. USA 89, 11799
  • K. Nakajima, T. Hashimoto & Y. Yamada (1994) J. Biol. Chem. 269, 11695
  • T. Hashimoto & Y. Yamada (1994) Annu. Rev. Plant. Physiol. Plant Mol. Biol. 45, 257

共同研究者[編集]

一部の人間は山田博士の教え子である

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.436