佐藤恒丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 恒丸(さとう つねまる、明治5年8月28日[1]1872年9月30日) - 昭和29年(1954年4月16日[1])は、日本医師陸軍軍医総監中将相当官)。宮中顧問官医学博士

経歴[編集]

愛知県出身。1896年(明治29年)、帝国大学医科大学を卒業。翌年、陸軍三等軍医となり、1922年大正11年)に軍医総監に至った。その間、陸軍軍医学校教官、京城衛戍病院院長、朝鮮駐箚軍軍医部長などを歴任した。1907年(明治40年)からドイツに留学し、1911年(明治44年)に医学博士号を受けた。また1920年(大正9年)には、現官のまま日本赤十字社病院院長に任命された。1923年(大正12年)、予備役編入。

1927年(昭和2年)より侍医頭を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『昭和物故人名録』日外アソシエーツ、1983年。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第11版(上)』 人事興信所、1937年