佐藤徳重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 徳重(さとう とくしげ、1884年明治17年)3月20日[1][2] - 没年不明)は、大正から昭和時代前期の朝鮮総督府官僚群山府尹。平壌府尹。

経歴[編集]

佐藤健造の四男として[2]大分県大分郡、のちの南庄内村(庄内村、庄内町を経て現由布市)に生まれる[1]1903年(明治36年)陸軍士官候補生に合格し、歩兵第47連隊に入隊する[1]。陸軍二等計手に進んだのち、1909年(明治42年)1月、陸軍判任文官試験に合格し、1911年(明治44年)5月、朝鮮総督府道書記に就任する[1]1919年(大正8年)4月、退官し東洋拓殖に入社[1]1921年(大正10年)4月、再び任官し、同年10月に忠清北道税務課長に就任した[1]

ついで平壌府内務課長、大邱府内務課長、統営郡[2]を経て、1931年(昭和6年)4月30日、群山府尹に就任した[1]。その後、平壌府尹を経て1941年(昭和16年)5月に退官し朝鮮有煙炭常務となった[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 帝国自治協会 1938, 85頁.
  2. ^ a b c d 帝国秘密探偵社 1943, 朝鮮46頁.

参考文献[編集]