佐藤寿朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 寿朗
生誕 1936
日本の旗福島県会津若松市
国籍 日本
職業 漫画家
ジャンル 劇画
テンプレートを表示

佐藤 寿朗(さとう としろう、1936年 - )は、日本漫画家。本名:佐藤 寿朗。福島県会津若松市[1]出身。別名 佐藤トシロー、佐藤よしろう、北竜一郎、三上タローなど[2]

来歴・人物[編集]

  • 1954年、会津若松市の印刷所でデザイナーしながら、佐藤トシローの名前で、『アサヒグラフ』、『読売グラフ』に投稿し入選する。福島民報福島民友に社会漫画を掲載[1][2]
  • 1957年、会津漫画研究会に入会、同年9月に上京[1]
  • 1958年、佐藤よしろうの名前で、貸本漫画のあかしや書房やひばり書房から短編作品を発表。
  • 1959年、同郷の平田昭吾の紹介で手塚治虫と会い師事[1]。手塚作品を手伝う。[2]
  • 1960年、少年誌『少年クラブ増刊号』などに作品発表するが、主に劇画作家として貸本専門の単行本を発表。東京トップ社のスリラーシリーズ、剣豪伝シリーズなど多数の作品を発表。
  • 1966年、平田昭吾の運営する智プロに誘われ参加[2]。手塚の「火の鳥」、「マグマ大使」、「ブラックジャック」などを手伝う。
  • 1968年、心機一転、北竜一郎の名前で『漫画ゴラク』、『別冊漫画天国』など青年誌を中心に連載多数。
  • 1970年、ジャンルにより三上タローの名前も使用する。
  • 1977年、『ベーブルース物語』(辻真先著 学研)、『シートン動物記』(ポプラ社)、『黄金仮面』(主婦の友社)など、漫画だけでなく挿絵も行う。
  • 1987年、佐藤トシローの名前で平田式アニメ絵本『はくちょうの王子』、『ふしぎの国のアリス』を発表。

2018年4月19日死去。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 日外アソシエーツ編集部 『漫画家アニメ作家人名事典』、1997年ISBN 4816914234
  2. ^ a b c d 福島まんが集団 青い鳥 『私たちの手塚治虫と会津』、2000年