平田昭吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平田 昭吾(ひらた しょうご、1939年 - )は、満州(現在は中華人民共和国の東北地区・瀋陽市)生まれの絵本作家翻訳家日本福島県会津若松市育ち。

日本のアニメ絵本文化の先駆者であり、300巻(総計330巻)の絵本作品を出版している。日本国外での評価も高く、2005年までに国外の出版冊数が3億巻を突破した。

略歴[編集]

  • 1956年、会津工業高校時代に笹川ひろしらと「会津漫画研究会」を設立[1]
  • 1958年、高校卒業後、手塚治虫に師事[2]。内弟子となり、専属アシスタント第2号となる。貸本漫画にてデビュー。
  • 1960年、平田ポン名義で「こだまブック」付録に作品掲載。手塚治虫の紹介でアニメ作家の政岡憲三の門下生となる[3]
  • 1962年、日活撮影所入社。研究室に勤務。特撮の技術の開発を行う。「零戦黒雲一家」(舛田利雄監督、1962年)[4]や「太平洋ひとりぼっち」(市川崑監督、1963年)などの特撮に関わる。
  • 1964年、井上智と智プロを設立。漫画「魔神バンダー」などの原作を手がける。
  • 1965年、漫画「マグマ大使」の一部を手塚の要請で智プロで制作する。
  • 1968年、日活撮影所研究室を退職。手塚の誘いで智プロスタッフ全員、手塚プロダクションに入社[5]
  • 1969年〜1970年、手塚治虫のマネージャーを務める。
  • 1971年、アニメ絵本アンデルセンどうわ(ポプラ社)で独立。
  • 1972年、特撮テレビ番組『サンダーマスク』を企画する。
  • 2008年、不法残留の中国人女性を仲介し、偽装婚容疑で逮捕される。
  • 2011年、自宅(二階建て)が全焼する[6]

作品リスト[編集]

出典[編集]

  1. ^ 平田昭吾、根本圭助、会津漫画研究会 『日本のレオナルド・ダ・ヴィンチ手塚治虫と6人』、2005年ISBN 4834755517p.140 
  2. ^ 日外アソシエーツ編集部 『漫画家アニメ作家人名事典』、1997年ISBN 4816914234p.357
  3. ^ 平田昭吾、根本圭助、会津漫画研究会 『日本のレオナルド・ダ・ヴィンチ手塚治虫と6人』、2005年ISBN 4834755517p.210
  4. ^ 福島まんが集団 青い鳥 『私たちの手塚治虫と会津』、2000p.175。
  5. ^ 平田昭吾、根本圭助、会津漫画研究会 『日本のレオナルド・ダ・ヴィンチ手塚治虫と6人』、2005年ISBN 4834755517p.216
  6. ^ 斎川瞳 (2011年9月9日). “火災:漫画家・平田氏方、2階建てが全焼--長生 /千葉”. 毎日新聞社. http://mainichi.jp/area/chiba/news/20110909ddlk12040186000c.html 2011年9月12日閲覧。 
  7. ^ 平田昭吾、根本圭助、会津漫画研究会 『日本のレオナルド・ダ・ヴィンチ手塚治虫と6人』、2005年ISBN 4834755517表紙裏著者プロフィール