佐藤喜八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐藤 喜八(さとう きはち、1865年3月26日慶応元年2月29日[注釈 1] - 1938年昭和13年)1月14日[1])は、日本の政治家衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

岩手県出身[1]漢学を学ぶ。小学校訓導郵便局長、涌津村(のち花泉町一関市)会議員、同村長、岩手県会議員、同参事会員、西磐井郡農会評議員、学務委員所得税調査委員、相続税審査委員、花泉電気(株)社長となる[1]

1918年の衆議院岩手県郡部の補欠選挙において立憲政友会公認で立候補して当選した。衆議院議員を1期務め、1920年第14回衆議院議員総選挙には立候補しなかった。1938年死去。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十一回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1919年、17頁では、慶応元年2月30日とするが、慶應元年(元治2年)2月は小の月のため29日までで、便宜上2月29日とする。

出典[編集]

  1. ^ a b c 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』273頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。