佐藤哲也 (物理学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 哲也(さとう てつや、1939年 - )は、日本の理論物理学者。核融合プラズマを専門分野とする。京都大学工学部を卒業。兵庫県立大学シミュレーション学研究科研究科長を務める[1]地球シミュレータセンターのセンター長を務めた。

経歴[編集]

  • 昭和38年3月 京都大学工学部電子工学科卒業
  • 昭和42年6月 京都大学理学部助手 (物理第一教室)
  • 昭和45年1月 京都大学工学博士 論文の題は「Nonlinear study of cross-field plasma instability and its applications to ionospheric irregularities(非線形クロス・フィールド・プラズマ不安定波動の研究とその電離層擾乱への応用) 」[2]
  • 昭和49年7月 東京大学理学部講師 (地球物理研究施設)
  • 昭和51年4月 東京大学理学部助教授 (地球物理研究施設)
  • 昭和55年8月 広島大学教授 (核融合理論研究センター)
  • 昭和63年4月 名古屋大学核融合研究所 (仮称) 創設準備室教授 (併任)
  • 平成元年5月 核融合科学研究所教授 理論・シミュレーション研究センター長
  • 平成3年4月 総合研究大学院大学数物科学研究科教授 (併任)
  • 平成7年4月 核融合科学研究所企画調整官 (併任)
  • 平成7年10月 名古屋大学大学院理学研究科教授 (併任)
  • 平成13年12月 海洋科学技術センター (平成16年4月より独立行政法人海洋研究開発機構)、地球シミュレータセンター長
  • 平成14年4月 核融合科学研究所名誉教授
  • 平成15年4月 総合研究大学院大学名誉教授
  • 平成18年8月 日本学術会議連携会員
  • 平成21年 兵庫県立大学教授[3]

受賞[編集]

  • 昭和50年5月 田中館賞(日本地球電磁気学会賞)「超高温大気プラズマ不安定性の非線形に関する研究」
  • 昭和61年12月 仁科記念賞「散逸性磁気流体プラズマの非線形ダイナミックス」
  • 平成10年10月 日経サイエンスビジュアリゼーションJIP優秀賞
  • 平成15年6月 21世紀の偉業賞(21st Century Achievement Awards)
  • 平成16年3月 東京クリエイション大賞
  • 平成17年7月 ドーソン賞
  • 平成26年7月 ベオグラード大学 名誉博士号(科学)授与

脚注・参照[編集]

  1. ^ 研究科長のメッセージ 大学院シミュレーション学研究科
  2. ^ 博士論文書誌データベース
  3. ^ KAKEN - 佐藤 哲也(80025395)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]