佐藤助九郎 (12代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
12代 佐藤助九郎

12代 佐藤 助九郎(さとう すけくろう、1896年(明治29年)10月[1] - 1979年昭和54年)12月5日[2])は、大正から昭和時代の政治家実業家貴族院多額納税者議員富山県東礪波郡柳瀬村長。

経歴[編集]

富山県東礪波郡柳瀬村(砺波町を経て現砺波市)出身[3]。先代佐藤助九郎の二男として生まれ、1931年(昭和6年)家督を相続する[4]1918年(大正7年)早稲田大学専門部政治経済学科卒業[1]

1919年(大正8年)以降、中越銀行[注 1]勤務、富山県スキー連盟会長、富山鉄道佐藤工業各社長、高岡新聞社[注 2]、高岡劇場各取締役、中越無尽[注 3]監査役のほか、柳瀬村長、同村産業組合長、同村農会長を務めた[1]

1939年(昭和14年)9月には富山県多額納税者として貴族院議員に互選され、1947年(昭和22年)5月の貴族院廃止まで務めた[1]

親族[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 北陸銀行の前身行のひとつ。
  2. ^ 北日本新聞の前身のひとつ。
  3. ^ 富山第一銀行の前身行のひとつ。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 衆議院、参議院 1960, 193頁.
  2. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』201頁。
  3. ^ 人事興信所 1943, サ40頁.
  4. ^ a b 人事興信所 1943, サ39頁.

参考文献[編集]