佐藤助九郎 (11代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

11代 佐藤 助九郎(さとう すけくろう、1870年9月22日(明治3年8月27日[1]) - 1931年昭和6年)10月30日[2])は、明治時代後期から大正時代の政治家銀行家実業家貴族院多額納税者議員。旧姓・北村、旧名・尭春。

経歴[編集]

越中国新川郡、のちの富山県上新川郡大森村中新川郡大森村、雄山町を経て現立山町)の北村家に生まれ、10代佐藤助九郎の養子となり前名尭春を改め襲名する[3]1903年(明治36年)東砺波郡柳瀬村長に就任[2][3]。ほか、東砺波郡会議員、同議長などを歴任する[2]。さらに戸出貯金銀行、中越銀行各取締役、富山県農工銀行、高岡共立銀行各監査役などを務める[2]

1909年(明治42年)から片貝川、小牧、猪苗代、祖山などの水力発電所工事に関与[3]1911年(明治44年)には富山県多額納税者として貴族院議員に互選され、同年9月29日[4]から1914年(大正3年)8月20日[5]まで在任した[2]1931年(昭和6年)佐藤組を株式会社佐藤工業に改組した[3]。また茶道薮内流に親しみ、柳汀の号で俳句も能くした[3]

親族[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『富山大百科事典 上巻』733頁。2代佐藤助九郎。
  2. ^ a b c d e 衆議院、参議院 編 1960, 193頁.
  3. ^ a b c d e 竹内ほか 1992, 267頁.
  4. ^ 『官報』第8485号、明治44年9月30日。
  5. ^ 『官報』第618号、大正3年8月21日。
  6. ^ a b 『人事興信録 9版』サ38頁。
  7. ^ 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年、サ39頁。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 9版』人事興信所、1931年。
  • 衆議院、参議院 編 『議会制度七十年史 第1』 大蔵省印刷局、1960年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3034963 
  • 竹内理三ほか 編纂 『富山県姓氏家系大辞典』 角川日本姓氏歴史人物大辞典16、角川書店、1992年。ISBN 4040021606 
  • 『富山大百科事典 上巻』北日本新聞社、1994年。