佐藤元洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 元洋 (さとう もとひろ 1993年4月27日-)は、日本の男性ピアニスト

来歴[編集]

静岡県掛川市出身。姉の影響により、3歳からピアノを習い始める。掛川市立中央小学校卒業、掛川市立西中学校を卒業。その後、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。卒業と同時に、アカンサス音楽賞、藝大クラヴィーア賞、同声会賞を受賞。ベルリン芸術大学マスター課程第3ゼメスターピアノソリスト専攻を卒業し、現在ベルリン芸術大学大学院に在籍、ビョルン・レーマン教授のもとで研鑽を積んでいる。これまでに日本各地のほか、ソウルワルシャワパリベルリン等での演奏会に出演。また、地元掛川での演奏活動も、精力的に行っている。日本フィルハーモニー交響楽団東京交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団、藝大フィルハーモニア管弦楽団、浜松交響楽団仙台フィルハーモニー管弦楽団と共演。これまでに水野儀江、長谷川淳、清水将仁、伊藤恵の各氏に師事。

(公財)青山財団2015年度奨学生。(財)ヤマハ音楽振興会音楽留学支援2016年ー2018年奨学生。2019年度より、(公財)ロームミュージックファンデーション奨学生。[1]

人物[編集]

基本に忠実で、繊細な演奏に定評がある。 容姿端麗で礼儀正しい性格のため、多くの女性ファンを持つ。POP系では、中島みゆきをよく聴く。

賞歴[編集]

  • ピティナピアノコンペティションにおいて、A1級金賞、B級銀賞、 D級金賞及び特別賞、F級銅賞受賞。
  • ショパン国際ピアノコンクール in ASIAにおいて、小学5・6年生部門金賞、中学生部門金賞及び特別賞、高校生部門銀賞受賞。
  • 全日本学生音楽コンクール中学生部門第1位及び特別賞、高校生部門第3位。[2]
  • 第4回ASIA国際音楽コンクールピアノ中学生部門第1位。
  • 大阪国際音楽コンクールピアノAge-E部門第1位及び特別賞、Age-G部門第2位(1位なし)。
  • 第18回夢コン~ピアノ・コンチェルト・フェスティバル~最優秀演奏賞グランプリ。
  • 第12回浜松国際ピアノアカデミーコンクール5位入賞。[3]
  • 第16回松方ホール音楽奨励賞受賞。
  • 第11回東京音楽コンクール入選、第12回同コンクール第2位。[4]
  • アルトゥール・シュナーベル国際ピアノコンクール第3位
  • 第7回仙台国際音楽コンクールピアノ部門第4位入賞。[5]

出演[編集]

  • テレビ朝日「題名のない音楽会」

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ これまでの奨学生のご紹介”. 2020年1月9日閲覧。
  2. ^ 第61〜70回入賞者一覧”. 2020年1月9日閲覧。
  3. ^ アカデミーコンクール入賞者”. 2020年1月9日閲覧。
  4. ^ 入賞者リスト”. 2020年1月9日閲覧。
  5. ^ ピアノ部門審査結果”. 2020年1月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • 月刊音楽の友
  • 月刊ショパン

外部リンク[編集]