佐藤伝蔵 (地質学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 傳藏(さとう でんぞう、明治3年4月15日1870年5月15日〉 - 昭和3年〈1928年8月26日)は、日本の地球科学者。専門は地質学鉱物学

経歴[編集]

熊本県熊本市生まれ。1892年(明治25年)23歳の時、第五高等中学校を卒業し、帝国大学理科大学地質学科に入学し[1]、地質鉱物学・人類学を研究する[2]。 1893年(明治26年)、東京地質学会の創立に関わり、機関誌『地質学雑誌』創刊号の巻頭言を執筆する[2]。 1895年(明治28年)26歳の時、東京帝国大学理科大学地質学科を卒業し、1898年まで理科大学助手(人類学教室、坪井正五郎教授)を務める。その間、国内各地を旅行し、人類学や考古学の研究をする。一方、1897年から1898年の間、学習院で地文学を講義した[2]

同年東京高等師範学校講師を経て教授となり、逝去まで地質学・鉱物学の研究・教育を行う。この間、学習院教授・東京帝国大学講師・地質調査所技師などを兼任。地質図幅の作成に尽力したほか、火山温泉珪藻土[3]の調査・研究でも業績を残した。多くの教科書を執筆し、黎明期の日本の地質学・鉱物学の発展に多大の貢献をしたことが特筆される。

59歳で、諏訪湖畔にて客死した[4]

栄典[編集]

主な編著書[編集]

  • 佐藤傳藏『地質學』、博文館、1898年。
  • 佐藤傳藏『大鑛物學』、六盟館、1918年。
  • 佐藤傳藏『岩石地質學』、六盟館、1923年。
  • 山﨑直方・佐藤傳藏(編)『大日本地誌全10巻』 博文館、1904〜1915年。

脚注[編集]

  1. ^ 山崎直方と同級
  2. ^ a b c 岡田俊裕著『日本地理学人物事典 [近代編1 ]』原書房、2011年、177頁。
  3. ^ 佐藤傳藏「本邦産珪藻土一斑」、『地質調査所報告』、31巻、1〜41頁、地質調査所、1911年。
  4. ^ 岡田俊裕著『日本地理学人物事典 [近代編1 ] 』原書房、2011年、183頁。
  5. ^ 『官報』第3509号「叙任及辞令」1924年5月7日。

参考文献[編集]

  • 地学団体研究会(編)『新版地学事典』、項目「佐藤伝蔵」、平凡社、1996年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]