佐竹哲雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐竹 哲雄(さたけ てつお、1890年 - 不明)は、広島県出身の哲学者。主な専門は現象学

経歴[編集]

広島県出身。第四仏教中学卒業後。1916年東京帝国大学文学部哲学学科卒業。1919年第八高等学校教授に就任。1945年、同職を退職。1949年熊本大学教授に就任。1951年東京都立大学教授に就任。1957年東洋大学教授に就任。

著書[編集]

  • 『現象学 上』 朝倉書店,現代哲学叢書 1943
  • 『現象学入門』 東海書房,東海叢書 1947
  • カント「純粋理性批判」解説』 晃文社,1948
  • 『フッセルの現象学 イデア的現象学への展開』 春秋社,春秋選書 1949
  • 『現象学概論』石崎書店,1954
  • 『 フッサール現象学』 公論社,1980.4

翻訳[編集]