佐伯又三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

佐伯 又三郎(さえき またさぶろう、生年不詳 - 文久3年8月10日1863年9月22日))は、新選組副長助勤

壬生浪士斎藤一と参加したとされている。京都守護職松平容保の前で、平山五郎剣術の試合を披露している。芹沢鴨の一派と行動をともにしていたが、京都嶋原で何者かの手で殺害された。

佐伯の謎[編集]

佐伯に関しては素性やその死をめぐり以下の諸説がある。

密偵説
出自不明で、長州藩、あるいは幕府、いずれかの送り込んだ間者だったとする説。
そのため、同時期に参加した斉藤と二手に分かれ、密偵をしていた。
佐伯の死
誰が佐伯を殺害したのか?
芹沢が殺害
  • 密偵行為がばれた。
  • 芹沢の持ち物を盗んだ。
  • 佐伯が佐々木愛次郎を殺したため。また愛次郎の妾、あぐりを強姦したため、あぐりを欲しがっていた芹沢に殺された。
長州藩士が殺害
  • 島原で複数の長州藩士にからまれ、なぶり殺しにされた。
  • スパイとしての行動に落ち度があった、あるいは二重スパイ行為がばれた。もともと、久坂玄瑞の配下であり新撰組隊内に潜入していたが、佐伯の怠慢で情報を久坂に流さなくなり本格的に新撰組に身を置くようになったので久坂に殺された。
出自の謎
  • 長州説
  • 江戸説