佐世保要塞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

佐世保要塞(させぼようさい)とは、佐世保軍港の防備のため設置された大日本帝国陸軍要塞である[1][2]

概要[編集]

1891年(明治24年)から佐世保軍港の防禦計画の検討が始められた。1893年(明治26年)2月に防禦計画が決定されたが、日清戦争開戦のため工事が開始されたのは1897年になってからである。

砲台建設は、1897年(明治30年)9月、高後崎砲台・面高堡塁から開始され、1901年(明治34年)11月までに当初計画したすべての砲台が竣工した。

1934年(昭和9年)に江の島砲台が着工された。1936年(昭和11年)8月、長崎要塞に合併され、佐世保要塞司令部は廃庁した[1]

年譜[編集]

  • 1897年(明治30年)9月 高後崎砲台・面高堡塁着工
    • 10月 石原岳堡塁着工
  • 1898年(明治31年)6月 小首堡塁着工
    • 11月 丸出山堡塁着工
    • 12月 高後崎砲台竣工
  • 1899年(明治32年)7月 牽牛崎堡塁着工
  • 1900年(明治33年)4月 前岳堡塁着工・佐世保要塞司令部設置
    • 6月1日 佐世保要塞司令部が東彼杵郡佐世保村に開庁[4]
    • 8月7日 佐世保要塞司令部が佐世保村字小佐世保の新築庁舎に移転[5]
    • 8月 面高堡塁竣工
    • 9月 小首堡塁竣工
  • 1901年(明治34年)9月 牽牛崎堡塁竣工
    • 11月 丸出山堡塁・前岳堡塁竣工
  • 1934年(昭和9年) 江の島砲台着工
  • 1936年(昭和11年) 江の島砲台竣工
    • 8月1日 長崎要塞に合併。

主要な施設[編集]

  • 前岳堡塁
  • 牽牛崎堡塁
  • 丸出山堡塁
  • 小首堡塁
  • 高後崎砲台
  • 面高堡塁
  • 石原岳堡塁
  • 江の島砲台

歴代司令官[編集]

  • 山根武亮 少将:1900年4月25日 - 1902年8月15日
  • 村田惇 少将:1902年12月19日 - 1905年12月20日
  • 出石猷彦 少将:1904年7月2日 -
  • 中田時懋 少将:1906年3月12日 - 1908年12月21日
  • 柴五郎 少将:1908年12月21日 - 1909年8月1日
  • 加藤政義 少将:1909年8月1日 - 1910年11月30日
  • 太田正徳 少将:1910年11月30日 - 1911年9月6日
  • 鋳方徳蔵 少将:1911年9月6日 - 1912年12月26日
  • 橋本良英 少将:1912年12月26日 - 1914年8月8日
  • 渡辺満太郎 少将:1914年8月8日 - 1916年8月18日
  • 武富牧太郎 少将:1916年8月18日 -
  • 平瀬又雄 少将:1919年4月1日 -
  • 堀田正一 少将:1921年7月20日 -
  • 松井順 少将:1924年2月4日 -
  • 宮原国雄 少将:1925年5月1日 -
  • 斎藤稔 少将:1926年3月2日 -
  • 岩越恒一 少将:1927年7月26日 - 1928年8月10日
  • 高橋真八 少将:1928年8月10日 -
  • 中屋良雄 少将:1929年8月1日 -
  • 青木政喜 少将:1930年8月1日 -
  • 作田徳次 少将:1931年8月1日 -
  • 平山繁 少将:1932年6月27日 -
  • 浦澄江 少将:1933年8月1日 -
  • 島省三 少将:1934年8月1日 -
  • 長瀬武平 少将:1935年8月1日 -
  • 手塚省三 少将:1936年3月7日 - 8月1日

脚注[編集]

  1. ^ a b “佐世保市の高橋さん、「長崎要塞」の謎解明”. 佐賀新聞 (佐賀新聞社). (2015年8月10日). http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/217469 
  2. ^ ながさき旅ネット. “佐世保要塞 丸出山観測所跡”. 長崎県観光連盟. 2017年8月23日閲覧。
  3. ^ 『官報』第4912号、明治32年11月14日。
  4. ^ 『官報』第5074号、明治33年6月4日。
  5. ^ 『官報』第5135号、明治33年8月14日。

参考文献[編集]

  • 原 剛『明治期国土防衛史』錦正社、2002年。
  • 歴史群像シリーズ『日本の要塞 - 忘れられた帝国の城塞』学習研究社、2003年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。

外部リンク[編集]