似雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
弘川寺の似雲墳

似雲(じうん、寛文13年1月2日1673年2月18日)- 宝暦3年7月8日1753年8月6日))は、江戸時代中期の浄土真宗歌人。俗姓は河村氏。通称は金屋吉右衛門。安芸国の出身。

略歴[編集]

1709年宝永6年)安芸宮島の浄土真宗光明院で出家し、法号は初め如雲と称したが、のちに似雲(西行の好んだ桜のことか)に改めている。翌1710年(宝永7年)上洛して、歌道を公家の武者小路実陰に学び、実陰の歌論を書き取って『詞林拾集』と著している。公家の実陰を通し公家や皇族とも親交があり、とくに歌人である一乗院宮尊賞親王とは親しかった。

平安時代後期の歌僧である西行を慕って諸国をめぐり、河内国弘川寺に西行塚があるのを見つけ、西行堂を建立している。また、似雲も西行と同じく、弘川寺に葬られている。

歌集に『としなみ草』がある[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『似雲法師 としなみ草』 土橋真吉・弘川寺共編、全国書房、1943年。