会計法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
会計法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 昭和22年法律35号
効力 現行法
種類 法律
主な内容 国による歳入徴収、支出、契約等など
関連法令 財政法予算決算及び会計令など
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

会計法(かいけいほう、昭和22年法律35号)は、国による歳入徴収、支出、契約等について規定した日本の法律である。日本国憲法の施行に合わせ、旧会計法(明治22年制定)を全部改正する形で、1947年の帝国議会において会計法を改正する法律(昭和22年法律第35号)により制定された(同年3月31日公布)。本法の委任を受けて予算決算及び会計令(よさんけっさんおよびかいけいれい、昭和22年4月30日勅令第165号)が制定されている。

構成[編集]

  • 第1章 総則
  • 第2章 収入
  • 第3章 支出負担行為及び支出
  • 第4章 契約
  • 第5章 時効
  • 第6章 国庫金及び有価証券
  • 第7章 出納官吏
  • 第8章 雑則
  • 附則

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 会計法 (総務省法令データ提供システム フレーム版)