伊高浩昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊高 浩昭(いだか ひろあき、1943年 - )は、日本のラテンアメリカ研究者、ジャーナリスト。男性。

経歴[編集]

東京生まれ。1966年早稲田大学政治経済学部新聞学科卒業。共同通信社編集委員。1967年から1975年にラテンアメリカを取材。1975年イベリア半島、1977年から1979年に沖縄、1981年から1984年にアフリカ南部、1982年にフォークランド紛争など、世界百数十ヶ国・地域を取材。2005年から2014年に立教大学ラテンアメリカ研究所「現代ラ米情勢」担当講師。2014年同研究所学外所員。[1]

ベネズエラチャベス政権・マドゥロ政権を支持している。2019年ベネズエラ政変では、アメリカ合衆国の「干渉と軍事介入」を非難する声明の呼びかけ人に名を連ねた[2]

著書[編集]

  • 『青春のメキシコ 激動と不安と貧困と』泰流社 1977
  • 『南アフリカの内側 崩れゆくアパルトヘイトサイマル出版会 1985
  • 『沖縄アイデンティティー 日本に取り込まれながら日本を相対視する思想』マルジュ社 1986
  • 『Cuba砂糖キビのカーテン』リブロポート 1992
  • 『イベリアの道』マルジュ社 1995
  • 『メヒコの芸術家たち シケイロスから大道芸人まで』現代企画室 1997
  • 『キューバ変貌』三省堂 1999
  • 『双頭の沖縄 アイデンティティー危機』現代企画室 2001
  • 『沖縄-孤高への招待』海風書房 2002
  • 『コロンビア内戦 ゲリラと麻薬と殺戮と』論創社 2003
  • 『ボスニアからスペインへ 戦の傷跡をたどる』論創社 2004
  • 『二〇一〇年の南アフリカ』長崎出版 2010
  • 『ラ米取材帖 ラテンアメリカ』ラティーナ 2010
  • チェ・ゲバラ 旅、キューバ革命、ボリビア』中公新書 2015

翻訳[編集]

  • ベネズエラ革命 ウーゴ・チャベス大統領の戦い ウーゴ・チャベス演説集』VIENT 2004
  • ウーゴ・チャベス、アレイダ・ゲバラ『チャベス ラテンアメリカは世界を変える!』作品社 2006
  • ブライアン・ラテル『フィデル・カストロ後のキューバ カストロ兄弟の確執と〈ラウル政権〉の戦略』作品社 2006
  • マリー前村ウルタード、エクトル・ソラーレス前村『革命の侍 チェ・ゲバラの下で戦った日系二世フレディ前村の生涯』松枝愛訳 監修 長崎出版 2009 - 2017年9月、キノブックスより『チェ・ゲバラと共に戦ったある日系二世の生涯 革命に生きた侍』の邦題で再刊。
  • 『フィデル・カストロ みずから語る革命家人生』イグナシオ・ラモネ著 岩波書店 2011
  • フアーナ・カストロ著 マリーア=アントニエタ・コリンズ インタビュー・構成『カストロ家の真実 CIAに協力した妹が語るフィデルとラウール』中央公論新社 2012
  • ローリー・キャロル『ウーゴ・チャベス ベネズエラ革命の内幕』岩波書店 2014

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『チェ・ゲバラ』著者紹介、『現代日本人名録』
  2. ^ ベネズエラのための緊急声明 2019