伊谷半次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

伊谷 半次郎(いたに はんじろう、1889年明治22年)2月5日1970年昭和45年)7月4日)は、日本政治家実業家滋賀県愛知郡愛知川町出身。北海道北見市長(1947年-1963年、4期)。

人物[編集]

木綿問屋の四男として生まれる。徴兵行商を経て、1912年(明治45年)春に北海道に渡り、野付牛村(現・北見市)で衣料行商を振り出しに伊谷呉服店を創業した。東和無尽社長北洋無尽副社長を歴任。1923年(大正12年)野付牛商業会議所会頭(~1943年(昭和18年))。1926年(大正15年)に町会議員に選出される。1942年(昭和17年)に市会議長に選出され、初代議長に就任。官制初代市長を務めた高橋峯冶から引き継いで、1946年(昭和21年)に官選2代目市長に就任。翌年の初の市長選挙で初代公選市長となり以降、4期連続当選。1960年(昭和35年)に北見工業短期大学(現・北見工業大学)設立を実現させた。1962年(昭和37年)全国市長会副会長。1963年(昭和38年)1963年に高齢を理由に北見市長選挙に出馬せず、勇退した。その業績をたたえ、屯田公園に銅像が建立されている。

親族に宇佐美福生がいる。

主な業績[編集]

市政では豪腕で知られ、徹底した緊縮策や市有地売却によって、市の行財政を建て直し、北見市発展の礎を築いた。また、戦後直後の食糧難の折、食糧の確保・引揚者の住宅対策のみならず、中央政府北海道と深いパイプを築き、道路整備事業・上水道の敷設・鉄道用地払下げと駅前再開発事業・芝浦製糖ビート工場の誘致などを精力的に行った。オホーツク地方にだけ国立大学がないのを嘆き、旧知の仲だった東急社長の五島慶太に寄付を募り、1億円の出資にこぎつけ、北見工業短期大学の誘致にも成功した。また、北見市政では最多の市長当選回数であり、現在も破られていない。

受賞歴[編集]

参考文献[編集]

  • 北見市史編纂委員会編『北見市史 下巻』(北見市役所、1983年)735頁〜740頁