宇佐美福生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宇佐美福生(うさみ ふくお、1921年(大正10年)6月10日-1984年(昭和59年)6月2日)は、日本政治家俳人市民運動家。北海道紋別郡生田原町出身。北海道野付牛中学校旧制)卒業。早稲田大学政経学部卒業。北海道北見市長(1967年-1975年、2期)。

早稲田大学卒業後、市の職員として北見市立東陵中学校などの中学校教諭に就く。教師時代から、市民運動住民運動に力を入れ、1956年(昭和31年)に北海道教職員組合北見市支部執行委員長に就き、その後、全北海道労働組合協議会副議長を歴任。1967年(昭和42年)北見市長選挙に出馬し現職の滝野啓次郎を破って革新系首長として初当選する。北見観光協会会長などを歴任し、2期8年を務め、1975年(昭和50年)に新人の寺前武雄に敗れ落選した。1977年(昭和52年)に北海学園北見大学設立と同時に同大学商学部教授労働組合論を担当)。1984年同大学在職中に逝去。

この他、俳句も嗜み、1979年(昭和54年)「河」同人、その後、「河」北見支部長を務めた。

また、父に北見市助役を務めた宇佐美庫二がいる。叔父に北見市初代市長伊谷半次郎がいる。

参考文献[編集]

  • 北見市史編纂委員会編『北見市史』(北見市役所、1983年
  • 『北海道人物・人材情報リスト2013 第1巻』(日外アソシエーツ編集・発行、2014年