ビート (植物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビート
Beta vulgaris - Köhler–s Medizinal-Pflanzen-167.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ヒユ科 Amaranthaceae
亜科 : Betoideae
: フダンソウ属 Beta
: ビート B. vulgaris
学名
Beta vulgaris
英名
beet

ビート英語: beet)はヒユ科の植物である(今はBetoideae亜科に含まれる)。[1][2][3][4][5]ビートには無数の栽培品種があり、最もよく知られているのはテーブルビートまたはガーデンビートとして知られる根菜である。他の栽培品種には葉菜のフダンソウ、砂糖の生産に使われるテンサイ、そして飼料作物であるマンゲルワーゼルが含まれる。3つの亜種が一般的に認められている。全ての栽培品種はBeta vulgaris subsp vulgarisに分類される。Beta vulgaris subsp. maritimaは一般的にシービートとして知られており、これらの野生の祖先で、地中海、ヨーロッパの大西洋岸、近東、そしてインドの至る所で見つかっている。二つ目の野生の亜種であるBeta vulgaris subsp. adanensisギリシアからシリアまでの場所で発見される。

根は最も一般的には深い赤紫色であるが、ゴールデンイエローであったり、赤色と白色の縞の根をもつ品種もある。[6]

ビートは草本二年生植物または稀に多年生植物で、1mから2mの高さに育つ、葉の多い茎をもつ。そのはハート形で野生のものでは5cmから20cmの長さである(栽培品種ではしばしばこれより大きい)。は密集した穂の中で作られる。それぞれの花はとても小さく、直径は3mmから5mm、緑色または赤味がかっていて、5枚の花弁を持つ風媒花である。果実は堅い小堅果の塊である。

分類[編集]

黄色い茎のフダンソウ(紫色の葉のケールと共に)

ビートの様々な野生種と栽培品種の分類には、長く複雑な歴史がある。『Mansfeld's Encyclopedia of Agricultural and Horticultural Crops』はレツヘルトの1993年のビートの扱いに従っており、直根や葉、膨れた主脈のために育てられる栽培品種について、ビートの節で次の分類を認めている。[7]

  • B. v. ssp. vulgaris convar. ciclaフダンソウ) - フダンソウのグループは紀元前2千年紀に遡る長い歴史を持つ。最初の栽培形態は地中海で栽培されていたと信じられていたが、中東インド、最後は中国に850年までにもたらされた。これらは薬に用いられる植物として古代ギリシア中世ヨーロッパで用いられた。ホウレンソウの伝来にしたがってヨーロッパでの人気は下落した。
    • B. v. ssp. v. convar. cicla. var. cicla(スピナッチビート) – この種は葉のために広く栽培されており、葉は通常ホウレンソウのように料理される。世界中の多くの食料品店で見つけることができる。
    • B. v. ssp. v. convar. cicla. var. flavescens(スイスチャード)- フダンソウの葉は太く肉質の主脈をもつ。主脈と葉身の両方が野菜として用いられ、しばしば別の皿に分けられる。色のついた主脈のために装飾用に育てられる栽培品種もある。太くされた主脈はスピナッチビートから変異により生じたと考えられている。
  • B. v. ssp. vulgaris convar. vulgaris(チューブロスビート)– このグループは、葉よりもむしろ、太くされた塊茎のために育てられる全てのビートを含む。
    • B. v. ssp. v. convar. vulgaris var. crassa(マンゲルワーゼル)- この種は塊茎の飼料作物としての利用のために18世紀に開発された。
    • B. v. ssp. v. convar. vulgaris var. altissimaテンサイ)- テンサイはその高いスクロース濃度のために主要な商用作物であり、スクロースは砂糖の生産のために抽出される。1747年にビートの根に砂糖が含まれることが発見されたあと、18世紀後半のドイツで開発された。
    • B. v. ssp. v. convar. vulgaris var. vulgarisテーブルビート)-ビートという言葉で最も一般的に連想される赤い根菜である。ボルシチの主要な成分となり、東ヨーロッパで特に人気である。

生態[編集]

ビートはチョウ目の多くの種の幼虫の食物となる植物である。.

利用[編集]

食物[編集]

包装された、調理済みのテーブルビート

スピナッチビートの葉は葉菜類として食べられる。テーブルビートの若葉は同じように用いられることがある。スイスチャードの主脈はゆでて食べられる一方、葉身はスピナッチビートのように食べられる。

アフリカの一部では通常、葉身の全体が主脈とともに1つの皿に用意される。[8]

若い植物の葉と茎は簡単に蒸され、野菜として食べられる。老いた葉と茎は炒められ、タロイモに似た味をもつ。

通常、テーブルビートの深い赤色の根は、焼くか茹でるか蒸すかされ、調理野菜のように熱い状態で出されるか、サラダ野菜のように冷たい状態で出される。漬けられもする。生のビートはサラダに加えられる。商業生産の大部分は、茹でられるか減菌されたビート、もしくは漬物に加工される。東ヨーロッパでは、コールドボルシチのようなビートのスープはポピュラーな食事である。黄色のテーブルビートは、家庭での消費のためにとても小さい規模で育てられている。[8]

ビートの消費によりピンク尿をおこす人もいる。

ユダヤ人は伝統的にローシュ・ハッシャーナー(新年)にビートを食べる。アラム語でビートを意味する סלקא は"remove"や"depart"のような発音である。「敵がいなくなりますように」という祈りと共に食べられる。[9]

栄養[編集]

ビート、生
100 gあたりの栄養価
エネルギー 180 kJ (43 kcal)
9.56 g
糖類 6.76 g
食物繊維 2.8 g
0.17 g
1.61 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(0%)
2 μg
(0%)
20 μg
チアミン (B1)
(3%)
0.031 mg
リボフラビン (B2)
(3%)
0.04 mg
ナイアシン (B3)
(2%)
0.334 mg
パントテン酸 (B5)
(3%)
0.155 mg
ビタミンB6
(5%)
0.067 mg
葉酸 (B9)
(27%)
109 μg
ビタミンC
(6%)
4.9 mg
ミネラル
ナトリウム
(5%)
78 mg
カリウム
(7%)
325 mg
カルシウム
(2%)
16 mg
マグネシウム
(6%)
23 mg
リン
(6%)
40 mg
鉄分
(6%)
0.8 mg
亜鉛
(4%)
0.35 mg
マンガン
(16%)
0.329 mg
他の成分
水分 87.58g

%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

ビートはカロリーが低く(100gあたり約45kcal)コレステロールをもたず、微少量の脂肪をもつ。栄養はビートのビタミン、ミネラル、そして独特な植物由来の抗酸化剤に由来する。

植物由来の化合物であるグリシンベタインは根にみられる。ベタインは冠動脈性心疾患や発作、末梢血管疾患の可能性を下げる。生のビートには葉酸が多い。葉酸は、細胞内のDNAの合成に不可欠である。ビタミンCが少量みられる。

根はナイアシン(ビタミンB3)、パントテン酸(ビタミンB5)、ピリドキシン(ビタミンB6)を含むビタミンB群と、鉄分、マンガン、銅、マグネシウム、カリウムといった鉱物を供給し、心拍数を下げ、細胞の代謝を調整する。

テーブルビートはビタミンCカロテノイドフラボノイドビタミンAを含んでいる。[10]

医学[編集]

ビートの根と葉は多くの種類の病気を扱うために民間医療で用いられてきた。[8]古代ローマ人は、他の病気の中での発熱や便秘の治療にテーブルビートを用いた。アピシウスの「De re coquinaria」は瀉下薬として与えられるスープについて5つのレシピを与えるが、そのうち3つはビートの根を主に用いる。[11]ヒポクラテスは傷を縛るためのビートの葉の利用を唱えた。ローマの時代から、テーブルビートのジュースは媚薬と考えられていた。中世から、テーブルビートは多様な状況、特に消化や血液に関するものの処理に用いられた。バルトロメオ・プラティーナは、ガーリックブレスの影響を無効化するために、テーブルビートをニンニクと一緒に食べることを推奨した。[12][要説明]

赤いビートの根に含まれるベタニン色素の分子は酸化ストレスから保護するかもしれないと提唱されており、ヨーロッパでは数世紀の間、この目的で用いられてきた。[13]

すべてのビートはシュウ酸を含む。テーブルビートとスイスチャードはともに尿路結石の形成にかかわる、シュウ酸の多い食品だと考えられている。

他の利用[編集]

大きく、明るく色のついた葉をもつ栽培品種は、装飾目的に育てられる。[8]

栽培[編集]

ステレオグラム
右側
Beetseeds3d.jpg
ビートの種
テーブルビートとして知られるビートの束

ビートは飼料(例えばマンゲルワーゼル)や砂糖(テンサイ)のため、もしくは葉菜類フダンソウや「Bull's Blood」)や根菜テーブルビート)として栽培される。

「Blood Turnip」はかつて、テーブルビートの庭用の品種の共通の名前だった。Bastian's Blood Turnip、Dewing's Early Blood Turnip、Edmand Blood Turnip、そしてWill's Improved Blood Turnipなどを指していた。[14]

いくつかのテーブルビートの栽培品種のもつ土のような味は、ゲオスミンの存在に由来する。ビートそれ自身がゲオスミンを生産するのか、植物に住み共生する土壌微生物により生産されるのかについて、研究者はまだ答えを出せていない。[15]繁殖計画により、ゲオスミンが少なく、消費者にとってより好ましい味の栽培品種を生産できる。[16]

ビートは現代の作物の中で最もホウ素集中的なもののうちの一つであり、依存はおそらく波飛沫にさらされ続けたことへの進化的応答としてもたらされたのだろう。商業農場では、1ヘクタールあたり60トン(1エーカーあたり26.8トン)を収穫するには、1ヘクタールあたり600g(1エーカーあたり8.6オンス)のホウ素元素が成長に必要となる。ホウ素の不足は分裂組織と新芽を衰えさせ、やがて心腐病に導く。

赤色や紫色の着色[編集]

異なる色のテーブルビートの抜粋

テーブルビートの赤や紫の色はベタレイン色素の種類によるものであり、赤キャベツのような他のほとんどの赤い植物と違い、アントシアニン色素を含まない。異なるベタレイン色素の構造は変わることがあり、ありふれた深い赤色に加えて、黄色や他の色といったテーブルビートの特徴をもたらす。ビートに含まれるベタレインにはベタニン、イソベタニン、プロベタニン、ネオベタニンがある(赤から紫の色素はまとめてベタシアニンとして知られる)。ビートに含まれる他の色素にはインジカキサンチン、ブルガキサンチンがある(黄色からオレンジ色の色素はベタキサンチンとして知られる)。インジカキサンチンはサラセミアに対する強力で保護的な抗酸化剤であり、α-トコフェロール(ビタミンE)の分解を阻害するとみられている。[要出典].

ビートの根に含まれるベータシアニンは、それを分解できない人に赤尿を起こすことがある。[17]

顔料は細胞の液胞に含まれている。テーブルビートの細胞は極めて不安定で、切られたり、熱せられたり、空気や日光にさらされたりすると流れ出る。これが赤いテーブルビートが紫色の染みを残す理由である。しかしながら、料理のとき、表皮を付けたままにすることで、細胞の整合性を保ち流出を抑えることができる。

歴史[編集]

栽培品種の野生の祖先であるシービート (Beta vulgaris subsp. maritima)

現代栽培されているビートの祖先であるシービートは、地中海岸に沿ってよく育っている。テーブルビートはテーベにあるエジプト第3王朝サッカラのピラミッドで掘り出されてきた。そして、栽培されていたのか野生かは正確にわかっていないが、4つの炭になったテーブルビートがオランダアールツワウトにある新石器時代の遺跡で見つかった。ZoharyとHopfは、テーブルビートは「言語的にもよく確認されている」と特筆している。彼らは、ビートについての最も早い記述は紀元前8世紀のメソポタミアにさかのぼると言っている。[18]ギリシア逍遥学派テオプラストスは後に、ビートを大根と似ていると記述する。一方、アリストテレスもまたビートについて記述する。[18][19]アリストテレステオプラストスに提供されるような入手可能な証拠は、ビートの歴史のほとんどについて、葉の多い種が主として育てられていたが、ホウレンソウがもたらされるに従ってその人気は大きく下落したということを示唆している。古代ローマ人は、ビートは重要な健康食品であり媚薬であると考えていた。[6]

ローマ人やユダヤ人の文字の情報源は、紀元前一世紀の地中海盆地では、栽培されるビートはフダンソウやスピナッチビートのように葉の多い形態のものに代表されていたということを示唆している。[18]ZoharyとHopfはテーブルビートの栽培品種が育てられていたということも非常にありそうだと主張しており、ローマのレシピはこれを裏付けている。[18][19]後の英語やドイツ語の情報源は、テーブルビートが中世ヨーロッパで一般に栽培されていたことを示している。[19]

テンサイ[編集]

現代のテンサイは18世紀中期のシレジアに遡る。シレジアではプロイセンの王が、砂糖の抽出の過程を目指す実験に対し補助金による支援をしていた。[19][20]1747年アンドレアス・マルクグラフは砂糖をテーブルビートから隔離し、1.3%から1.6%の濃度で見つけた。[7]彼はまた、砂糖をサトウキビから抽出するのと同じように、ビートから抽出することができることを実証した。[20]彼の生徒であるフランツ・カール・アシャールは23種のマンゲルワーゼルの砂糖含有量を評価し、ザクセン=アンハルト州の、現在のハルバーシュタットから地方品種を選んだ。モーリッツ・バロン・フォン・コッピーとその息子はさらに、白く円錐型の塊茎のためにこの種を選んだ。[7]その選択物は'Weiße Schlesische Zuckerrübe'という名前で、シレジアの白いテンサイという意味であり、約6%の砂糖含有量を誇る。[7][19]この選択物は全ての現代のテンサイの先祖である。[7]

1801年、王宮の法令により、テーブルビートから砂糖を抽出する最初の工場がシレジアのKunern(現在のポーランドコナリ)に開かれた。シレジアのテンサイはすぐに、ナポレオンが特に植物について学ぶための学校を開いていたフランスにもたらされた。彼はまた、28,000ヘクタール(69,000エーカー)を新たなテンサイの栽培に使うよう命じた。[19]これはナポレオン戦争中のイギリスのサトウキビの封鎖に対する反応であり、最終的にはヨーロッパでのテンサイ産業の急速な発展を刺激した。[19][20]1840年までに世界の砂糖の5%はテンサイ由来となり、1880年までにその数字は10倍の50%を超えた。[19]テンサイは1830年以降に北アメリカにもたらされ、1879年にカリフォルニア州アルヴァラードの農場で最初の商業生産が始まった。[7][20]テンサイはドイツ人移民により1850年ごろにチリにもたらされた。[7]

現在もテンサイは砂糖の生産のために広く栽培される商品作物である。

脚注[編集]

  1. ^ A synopsis of Chenopodiaceae subfam. Betoideae and notes on the taxonomy of Beta; USDA PLANTS”. Willdenowia. 2015年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月9日閲覧。
  2. ^ Spinach, Beet and Swiss Chard - Notes - HORT410 - Vegetable Crops - Department of Horticulture and Landscape Architecture - Purdue University”. Hort.purdue.edu. 2010年9月12日閲覧。
  3. ^ http://www.avrdc.org/pdf/seeds/beet.pdf
  4. ^ Sugar beet”. Agronomy.unl.edu. 2007年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月12日閲覧。
  5. ^ Integrative Biology 335: Systematics of Plants”. Life.illinois.edu. 2010年9月12日閲覧。
  6. ^ a b Zeldes, Leah A. (2011年8月3日). “Eat this! Fresh beets, nature’s jewels for the table”. Dining Chicago. Chicago's Restaurant & Entertainment Guide, Inc.. 2012年8月3日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g Hanelt, Peter; Büttner, R.; Mansfeld, Rudolf; Kilian, Ruth (2001). Mansfeld's Encyclopedia of Agricultural and Horticultural Crops. Springer. pp. 235–241. ISBN 3-540-41017-1 
  8. ^ a b c d Grubben, G.J.H. & Denton, O.A. (2004) Plant Resources of Tropical Africa 2. Vegetables. PROTA Foundation, Wageningen; Backhuys, Leiden; CTA, Wageningen.
  9. ^ Keritot 6a; Horiyot 12a; Rabbenu Nissim at the end of Rosh Hashana, citing the custom of Rav Hai Gaon; Abudraham; Shulchan Aruch OC 583:1
  10. ^ http://www.nutrition-and-you.com/beets.html
  11. ^ Apicius De Re Coquinaria 3.2.1, 3, 4
  12. ^ Platina De Honesta Voluptate et Valetudine, 3.14
  13. ^ Carmen Socaciu (2008). Food colorants: chemical and functional properties. Washington, DC: Taylor & Francis. pp. 169. ISBN 0-8493-9357-4. 
  14. ^ Beets Varieties Archived 2008年9月30日, at the Wayback Machine., from Heirloom Seedsmen, a website of the Baker Creek Heirloom Seed Company
  15. ^ Lu, G.; Lu G, Edwards; CG, Fellman; JK, Mattinson; DS, Navazio J. (February 2003). “Biosynthetic origin of geosmin in red beets (Beta vulgaris L.).”. Journal of Agricultural and Food Chemistry (American Chemical Society) 12 (51(4)): 1026–9. doi:10.1021/jf020905r. PMID 12568567. 
  16. ^ Stephen Nottingham (2004) (E-book). Beetroot. オリジナルの2009年3月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090321050332/http://ourworld.compuserve.com/homepages/stephen_nottingham/Beetroot.htm. 
  17. ^ M.A. Eastwood; H. Nyhlin (1995). “Beeturia and colonic oxalic acid”. QJM: an International Journal of Medicine 88 (10): 711–7. PMID 7493168. http://qjmed.oxfordjournals.org/cgi/content/abstract/88/10/711. 
  18. ^ a b c d Hopf, Maria; Zohary, Daniel (2000). Domestication of plants in the old world: the origin and spread of cultivated plants in West Asia, Europe, and the Nile Valley. Oxford [Oxfordshire]: Oxford University Press. pp. 200. ISBN 0-19-850356-3. 
  19. ^ a b c d e f g h Hill, G.; Langer, R. H. M. (1991). Agricultural plants. Cambridge, UK: Cambridge University Press. pp. 197–199. ISBN 0-521-40563-7. 
  20. ^ a b c d Sugarbeet Archived 2009年1月20日, at the Wayback Machine. from a University of California, Davis website

外部リンク[編集]