伊藤秀憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 秀憲(いとう しゅうけん、1947年 - )は、日本の仏教学者、博士。愛知学院大学客員教授[1]。専門は学(曹洞宗学)、道元禅。

来歴[編集]

愛知県生まれ。1970年、駒澤大学仏教学部仏教学科卒業。1975年、同大学大学院人文科学研究科仏教学専攻博士課程単位取得満期退学 。 1976年 駒澤大学仏教学部助手、1981年に講師、1985年に助教授を経て、1991年、駒澤大学仏教学部教授に就任。 1998年 愛知学院大学文学部宗教文化学科教授[2]

2000年 『道元禅研究』にて博士号(仏教学、駒澤大学)を取得[3]。 著書に『道元禅研究』大蔵出版、『道元禅師全集』第7巻、『原文対照現代語訳道元禅師全集』第14、16巻(共著)春秋社など[4][5]

日本印度学仏教学会評議員日本仏教学会理事、東海印度学仏教学会理事などを歴任[6]玉泉寺住職[7]

受賞[編集]

  • 1984年 第26回日本印度学仏教学会賞[8]

著書[編集]

論文[編集]

出典[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 研究者情報~researchmap.jp
  3. ^ 教員情報~愛知学院大学
  4. ^ 著者紹介~春秋社
  5. ^ 『中世禅籍叢刊』~臨川書店
  6. ^ 愛知学院大連携講座「道元と死」2017.11~朝日カルチャーセンター
  7. ^ 「第82回仏教講座」2017.7~豊川稲荷
  8. ^ 1984年 日本印度学仏教学会賞106.~日本印度学仏教学会

外部リンク[編集]